ス ク ラ ッ チ す る D

blenderでモデリング、海外ドラマ感想、洋ゲーRPG、のことを綴ります

Unityをさわる

カスタムメイド3D2は、可愛い3D(トゥーンレンダ)とはどういうものかを教えてくれました。次のステップは――より高い自由度の自作系ですわ。

そうなるとプラットフォームが必要。Unreal Engine 4でもいいし、CRYENGINEでもいい。Unityちゃんという格好の見本が付いているからUnityにしてみましたよ。

先達が貴重な教示をしてくれているので、迷わず利用させて貰います。
 google:unityちゃん 動かす

どのツールでも基本的な概念は同様で、blenderを覚えるが如くに混乱がつきもの。各画面への機能の割り振りに親しむまでがツライ。○○はどこ? 例と同じ画面、どうやって出すの? 

分かりにくかった箇所:
 ScriptをInspectorにアタッチする
 作成したCファイルとの連携のやり方

C#なんか勉強したこともないんで分かろうとしないでOKにします、今は。

ところで、FBX形式のUnityちゃんがどんな作りなのか興味津々です。
 google:Blender ユニティちゃん

思ったほど凝った代物ではありませんでした。頭部の作りはカスタムメイド3D2の方が参考になるかな。MMDモデルをさほど苦労せずにアセットにできるというのも頷けます。

blenderにImportしたUnityちゃん
unitychan.jpg
関連記事
スポンサーサイト



[ 2019/01/03 14:18 ] カスタムモデル | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
全記事表示リンク