ス ク ラ ッ チ す る D

blenderでモデリング、海外ドラマ感想、洋ゲーRPG、のことを綴ります

The Temple of Elemental Evil 体験版を遊ぶ

体験版が出ております。ネットとの接続を切り、オフラインで遊べば、体験終了の制限が出ない模様。アンインストール時には、Program FilesフォルダにTryMediaというフォルダが残ります。

●キー登録の仕方
  1. あらかじめキャラクターを一人選んでおきます。「Ctrl」と「登録したいキー」を同時に押します。
    ただし、既にデフォルトで利用されているキーは割り当てられません。
  2. すると「 Assign "E" 」という具合に円形メニューが開くので、登録したいアクションをクリックして完了です。
●スクロールの鑑定方法
  1. あらかじめ、ウィザードにRead Magicを覚えさせておきます(ドラッグ・アンド・ドロップ)。
    矢印の先端でポイントしないと上手くいきません。暗記させる為、8時間Restします。
  2. 円形メニューからRead Magicを選び、詠唱させます。
  3. 詠唱者のインベントリーが開くので、未鑑定のスクロールをワンドのマウスカーソルでクリックします。
●アイテムの鑑定方法
  1. 成長時、SpellからIdentifyを選択しておきます(例ではBard)。
  2. 円形メニューからIdentifyを選びます。
  3. 鑑定を行ったキャラクターのインベントリーが開くので、未鑑定のアイテム(ポーションなど)をワンドのマウスカーソルでクリックします。
●予備武器の設定
インベントリーを開き、上部の色付きタブをクリックします。
このタブ毎に、手にする武器・防具を変えられます(つまり、全部で五種類まで)。


●見張りを避けて塔へ入る方法
  1. 城門の付近にパーティーを移動させておき、円形メニューでMonkにSneakを行わせます。
  2. MonkだけをSneak状態のまま移動させ、塔の扉をクリックします。
    すると、あら不思議、みんな揃っています。
  3. Sneakを終わらせる時は円形メニューでStop Sneakです。
●クモの巣からの逃げ方
円形メニューから、Break Freeを選ぶだけです。運が悪いと何度も絡まりますし、一度では抜け出せなかったりします。


●退却の仕方
(非戦闘時ならCを押した上で、)円形メニューからFlee Combatを選びます。安全な場所まで自動的に場面転換してくれるので、活用すると楽です。


●レベルアップ
キャラクターポートレイトに表示されている黄色い丸印がレベルアップの合図です。クリックします。


●セリフの翻訳(ネタばれ)

対Ogre

(Ogre)[Ogreがわめく!]Lubashが、おまえ達をぶっ潰す!
1.そいつは、なんとも荒っぽいな。
2.その、ここに居るように指示されたんだ。
3.いいだろう、それなら、こっちもぶっ潰してやるぞ。
※話者によってDiplomacyやBluffの選択肢が出ます。


(Ogre)Cape*を羽織ってるが、サインがないぞ!
1.その事なら、友好的に解決できると思うよ。
2.誰もサインなんて教えてくれなかったぞ。見ての通り、Capeを着てるじゃないか。

*Cape = Eye of flame cloak


2.を選ぶと・・・

(Ogre)[Ogreはチッチッチッと指を振る]よし、けど、Lubash、Cape見てなかったら、おまえ達ぶっ潰すとこだった!通って良し!
1.じゃ、通るぞ、Lubash。

先ほどのところで1.を選ぶと・・・

(Ogre)[Ogreは両手をすり合わせ、どん欲そうに目を輝かせた]Lubashはカネが欲しい。Lubashにカネよこせ!
1.そら50goldだ。
2.いくら欲しいんだ?
3.一銭もやる気はない。育ちすぎの絨毯め!


(Ogre)Lubashぶっ潰すのやめる。
1.そら、無事解決できたろ!じゃあな。

付記:この部屋の次に秘密の階段(アイコン)があります。


対Gnome

(痛めつけられた捕虜のGnome)[弱々しく]ここだよ、Gleemだ!
1.君がGleemかい?ここで何してるんだ?
2.すごく痛めつけられたみたいだな、大丈夫かい?


(痛めつけられた捕虜のGnome)その事は話したくない。酷い体験だった。逃がしてくれるのかい?
1.ああ、逃げられるよ。
2.いいや、ここから出るところさ。あのOgreがすぐに戻ってくるよ。


(痛めつけられた捕虜のGnome)じゃあ、そこにいる連れのIllusionistにも教えてやってくれ。Nybbleって言うんだ。彼ならもっと口がきける。
1.わかったよ。Nybbleに話すよ。またな、Gleem。達者で。
2.さようなら。


(捕虜のGnome)僕はNybbleだ。助けてくれてありがとう。一生恩に着るよ。
1.ここで何してるんだ?
2.君の友達Gleemが、君と話せって。
3.どういたしまして。逃げられるよ。さぁ、今の内に。
4.助けるなんて言ったっけ?さようなら。


(捕虜のGnome)ああ、Gleemは戦闘でビビってしまったから、その事を話したがらないのさ。
1.じゃ、いきさつを教えてくれ。
2.君達は自由の身だ。何か起きる前にここから出よう。


(捕虜のGnome)WarriorのGleemとClericのChandaと一緒にここまで探検しに来たんだよ。GleemがあのでかいOgreをこっちまで引っ張ってきてくれたのさ。おかげで骨の髄までいたぶられる始末だよ。
1.そりゃ、酷い。それで。


(捕虜のGnome)Chandaは、僕たちへの看護の手を止めたと思ったら、突然、意識を失ったんだ。Gleemはほとんど死にかけてた。だから意を決して、Ogreに降伏を申し出たよ。Chandaを死なせたくなかったから。でも、今から思えば、死んだ方がマシだった。
1.どうして?


(捕虜のGnome)Ogreは僕たちを拷問し、酷くいたぶったんだ。もう死ぬのさえ怖くなくなったよ。その次には、僕たちを食べようとした。怖いよ。
1.君達はもう助かったんだ。食べられたりしない。


(捕虜のGnome)僕たちが行く前に、このiron ringを受け取って欲しい。そいつで、付近のgnome全員に君達がgnomeの友人だという事が伝わる。連中なら、きっと手を差し伸べてくれるよ。
1.ringをありがとう、Nybble。君と仲間の安全を祈っているよ。達者で。
2.要らないよ、Nybble。その宝は君が持っていろよ。じゃあな。
3.君の親切な贈り物は貰っておこう。行く前に、この牢屋にいて解ったこと、あるかい?


(捕虜のGnome)妙な連中がそこを通っていったな、君が付けてるようなcloakを着て。あのOgreはそのcloakを着た者を攻撃しないようだ。あの向こうには何かとても邪悪なものがいるんじゃないだろうか。
1.教えてくれて感謝するよ。達者でな。

対Gnoll

(Gnollの首領)[Gnollは黄色い目で邪に君達を見つめている]俺達と話す気はあるか?
1.何だって?話があるのか?
2.いいや、闘う気ならあるぞ。


(Gnollの首領)[ゆっくりと歯をむき出し、Gnoll流の笑みを浮かべる]取引きを申し出たぁぁぁい。俺達はここを引き払うつもりなのだ。カネを出せばおまえ達は放っておいてやる。
1.うーむ、いくら欲しいのだ?
2.払うつもりなどない、イヌ畜生め!
3.まず、放棄しなきゃいけない理由を聞かせてくれ。


(Gnollの首領)Masterの阿呆な襲撃計画のせいで群の一部を失った。しかも、イカレタBugbearどもより、分け前が少なぁぁぁい。Masterは命で償うべぇぇぇし!
1.Masterって誰だ?


(Gnollの首領)MasterのLarethはひどい首領だぁぁぁ。おまえ達、ヤツを殺せ。[歯を剥いて唸る]
1.で、交換条件は?


(Gnollの首領)100goldくれれば、俺達は出発する。200goldなら、Masterの住処も明かそうぉぉぉ。
1.価格交渉できないかな?
2.いいとも、そら100goldだ。立ち去れ。
3.いいとも、それ200goldだ。居所を教えろ。
4.ごめん、やめとくわ。


(Gnollの首領)[Gnollは歯を剥いて唸る]50goldで出発、150はくれないとMasterの居所は明かさないぞぉぉぉ。
1.よし、そら50goldだ。さいなら。
2.そら、150goldやるから、そのMasterとやらを教えろ。
3.もういいや。


(Gnollの首領)ヤツの住処はここだぁぁぁ。[地図を指さす]では、俺達は出発する。
1.もう行かないと。

地図上の旗印がMasterの居場所です。


付記:こんなところに秘密の梯子(アイコン)があります。


対Sergeant

(Sergeant)止まれ!要件を述べよ!
1.君は誰?
2.そこは何の部屋?
3.新しいMasterに正規の要件があって、参りました。


(Sergeant)そうか、おまえはMasterの印は身に付けているようだな。要件の内容は?
1.配達です。新しいMasterの元へ直接届けるよう、命じられたのであります。


(Lieutenant)何をしにここまで戻ってきた?!
1.新しいMaster宛のお届け物です。扉にいるSergeantが通って良いと。
2.新しいMasterに面会しに来ました。


(Lieutenant)よし、ではそれを私に預けたまえ。Masterはご多忙なのだ。
1.いいえ、直接お届けせよ、といいつかっております。
2.えーと、はい。[荷物をごそごそやる]
3.いいえ、あなたには渡せません。


(Lieutenant)入って宜しい。右の扉の奥においでだ。手早くな!
1.はい、すぐに戻ります。


(Sergeant)私の忍耐力を試す気か!警報を出す前に戻らんと、Ogreのエサにしてしまうぞ。
1.はい、すぐ出ていきます。
2.なら、警報を出される前に、おまえを殺してやる!

対Master

(Master)何か用、信者よ?
1.お届け物よ。
2.みんながMasterって呼んでいるのは貴方なの?
3.お暇するわ。


(Master)あたしはLareth。[得意満面で]美しきものと呼ぶ者もいる。まぁ、呼び方はおまえに任せよう。[値踏みしながら]おまえはTempleの関係者ではないね、そうだろ?まさか、ここで何かする気?
(注: Larethは女性のようです。声はそう聞こえませんので、少なくとも、女性のつもりでいるのでしょう)
1.貴方宛の物があるのよ。
2.どうしてこんな殺伐とした遠隔地に隠れているの?
3.おまえを殺しに来たのよ、Lareth。こうなっては、おべっかを使うヤツなんかいないわよ!


(Master)いずれ、おまえ達はあの世行きだ。ここの事を少しだけ説明してやろう。この地はTemple of Elemental Evilを再生する為の前哨基地に過ぎない。ここで我が軍を再編成し、再武装の為に戦利品を集めているのだ!
1.そのいずれあの世行きって何の事?
2.続けて。
3.ならば、貴方を殺して活動を止めなくちゃ。


(Master)まもなくTempleは完全に蘇る。あたしはLolth様へお仕えする事で、特別待遇の神官として、勝利を目にするのだ!
1.死の事を言っていたのじゃなくて?


(Master)馬鹿め!死ぬのはおまえ達だ![扉に向かって呼ぶ]Seleucas!ここへ参れ、このクズどもを始末せよ!
1.そう上手くいくかしら!


(Lareth)馬鹿騒ぎは、もうたくさんだ!
1.泣き言はお止め!もっと苦しむがいい!
2.どうする?降伏するの?


(Lareth)生きる望みをおまえ達にやろう!想像をはるかに上回る巨万の富や伝説の財宝が拝める場所だ。あたしがそこへ...Temple of Elemental Evilへおまえ達を案内してやる!見張りの居ない抜け道を知っているから!
1.いいでしょう、Lareth。降伏を受け入れるわ。で、そのTempleはどこ?
2.それだけじゃ不足ね、Lareth。辺りを見回せば解るけど、いますぐこの場で、もっとマシな申し出ができるはずよ。
3.その手には乗らないわよ、Lareth。さぁ、死んで貰うわ。


(Lareth)まずは、あたしを従者として加えておくれ。そして、Templeへ行く支度が出来たら、知らせて頂戴。案内を始めるよ。
1.さぁ、仲間に入りなさい、Lareth。


(Lareth)迎えてくれて礼を言う。ところで、ここがデモの終点なのさ。製品版でおまえ達とまた会える事を願っているよ。
1.[デモを終わる]

●製品版のパッチはこちらのミラーサイトからダウンロードできます。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2003/09/17 00:00 ] RPG | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
全記事表示リンク