ス ク ラ ッ チ す る D

blenderでモデリング、海外ドラマ感想、洋ゲーRPG、のことを綴ります

Pathfinder: Kingmaker(9)

[Weak] difficultyのおかげで、以前よりも苦手意識が薄れた。これなら若干の指示だけで戦闘が進むので労苦も少ない。一部のタフすぎる戦闘を除けば、よくできているところもある。今回はそんなところを紹介したい。

※以下ネタバレ

①カオティック・アライメントの主人公。マイトの女王に「紫色のシャーマンは居たか?」と訊かれ、正直に:

「皆を欺いていたタトゥーチオは俺が成敗してやった。いまや、俺がマイトとコボルドの秘宝を手に入れた英雄だ! おまえらは英雄を称えるがいい!

マイトの女王「マイト族はその栄誉にあずかります」

こうして、主人公は「英雄を信奉するカルト」を創設(笑) オールド・シカモアの属領を手に入れた。まさに「オレつえぇ教」。


②ハーフリングのリンジーが著す主人公の英雄譚。

リンジー「読んでもいいけど草稿ですから。感想は心に仕舞っておいて下さい。あなたの好みじゃなくても、一文字たりとも替えやしませんし、変えろとは命令しないでね。これはあたしの本なんだから!」

それに対する、主人公の返答。

[Lawfull Neutral]好きに書いてかまわないよ、君の本が我が領地で許諾されるかどうかを決めるのは俺だからな!

リンジー「そいつはサイコーですね! 禁書の著者という名誉をくれるなんて作家冥利に尽きます。余所でごまんと売れますから!


③Stag Lord(牡鹿卿)への献上品であるワイン(カブケン神父が捕まっている山賊の野営地にある)。

毒を入れておくと、要塞に侵入した辺りで牡鹿卿が「なんだ、このワインは!」という小芝居を打ってくれる。その代わりアキロスを寝返らせることが出来ないっぽい(付近に居なくなるので)。

ワインを盗んでしまうと小芝居がない代わりに、佇んでいるアキロスを見つけることが出来る。

侵入時に天候が偶然「雷雨」になっていたりすると、雰囲気グンバツ。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2018/10/03 18:50 ] RPG | TB(-) | CM(2)
やっとまともに遊べますか?
[ 2018/10/03 19:47 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
まぁ、たぶん。章が進むと進行不能バグがあるというカキコもあります。
[ 2018/10/03 22:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
全記事表示リンク