ス ク ラ ッ チ す る D

blenderでモデリング、海外ドラマ感想、洋ゲーRPG、のことを綴ります

ウエストワールド 2ndシーズン第3話感想

※以下ネタバレ有り※

新キャラが登場。オリエンタルワールド(インド)が舞台。弾に仕掛けがあって人間は傷を負わないことになっているらしい。以前の説明では「ホストはゲストに命中させることはできない」だった。

今回は時間軸のトリックはネタばらし済み。バナードとシャーロット・ヘイルが既に会っている場面と、それとは別にバナード単独で捜索隊と合流する場面がある。遡って現在までのいきさつが語られる。

観客がRideできる登場人物にはワイアット=ドロレスが割り当てられているようだ。なぜなら、父親であったピーター・アバナシーと再会するので。

ドロレスは(おかしくなっていた)ピーターの一言で牧場を去る決意をしたのだと再会した場面でピーターに告げる。しかし、ピーターは親会社の意向で“荷物”としてデータ採取の目的に適うように書き換えられている。なお、荷物の届け先は冒頭のインドの女性らしい。

バナードがアーノルドの似姿であることをドロレスは認識していた。テディにも自我が目覚め、その善人のRoleがドロレスの意向に反して同類の処刑を拒む。

3話はフツーに物語が進んでいる。2話のようなメタ的なネタバレは皆無だった。とうとう真田広之が登場するサムライワールドが出てくるようだ。OPでもフジヤマが出てくるからナ。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2018/06/11 06:15 ] 映画、ドラマ感想 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
全記事表示リンク