ス ク ラ ッ チ す る D

blenderでモデリング、海外ドラマ感想、洋ゲーRPG、のことを綴ります

PC版Ticket to Ride

iPad版でリリースされていたTicket to Rideが、とうとうsteamに登場! ボードゲームなら$35のところを、PC版なら$9.99でお買い得。得点集計もしてくれる上に、オンライン対戦が出来て、AIを相手に2~5人プレイも可能とくれば、買わない手はない。今ならEurope DLCまで付いてくる。

かく言う私もいちどプレイしてみたいと思っていた。アマゾンJPで買ったとしても、アナログの日本語版なら5千円ほどするから、すぐに飽きることの分かっているゲームにそこまで出せない(私はヘビー級のボードゲームを遊び倒す性分なので)。

さて、Europe DLCからプレイしてみた。ルールをよく読まずに試せるところもPC版ならでは。トンネル、灰色の路線、駅舎、フェリー、終了条件、等はルールを読まないままではきちんと理解できなかった。

AI相手の4人プレイヤーまで順に試して、すぐにも1位を取れるようになった。AIはさほど攻撃的ではないようで、カツカツしたプレイにならない。やはり人間相手にオンライン対戦してみないことには、本当の楽しさは伝わってこないのかも。


Ticket to RideのEurope DLC。トンネル、駅舎、フェリーといった拡張ルールが追加されている。


1位で勝利した時の路線。緑色が自分。チケットの路線、それも重複する代物をなるたけ多く完成させると高得点になる。


得点集計は勝手にやってくれて、手間いらず。とはいえ、駅舎を使って他人の接続を流用すると、チケットが完成したカットがインサートされず、プレイ中に上手くできたのかどうかハッキリしない(得点集計時に成功したことが分かる)。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2012/05/27 07:00 ] アナログゲーム | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
全記事表示リンク