Cobweb of にーしか

モデリング、海外ドラマ感想、洋ゲーRPG

ピカード予備知識

まず、可変種について:裏設定がMemory Alphaで読める。彼らはもともとスキャナーでは察知できない存在として描かれており、今回のピカード劇中にあるようなスターフリート情報部が内蔵まで模倣する新種に作り替える必要性はなかったようだ。

もっとも、スキャナーの性能が25世紀でアップしたという理屈は考えられるが――でも、ピカード劇中のアニカ・ハンセンの吹き替え台詞ではX線検査を受ける(レントゲン?!)と言っている。原語では"pass through entering imaging chamber"。イメージング・チェンバーは、現代でも細胞組織の検査に用いられる。つまり、X線ではない(酷い意訳だ)。

ロー・ラレンとマキ:連邦市民でありながら、カーデシアにテロを行う人々(ベイジョー人)、というのが私の認識。テロリストの連邦市民という発想が斬新だった。スターフリートからマキの勢力を拿捕する計画を任されたピカードはローを派遣するが、ローは同じベイジョーとして連邦に与せず、マキに寝返った(TNG「惑星連邦“ゲリラ部隊”」)。ピカードはローの心情までは(先んじて)理解できなかったわけだ。

ちなみに、ベイジョー人は苗字・名の順で名前を呼ぶのでローが苗字(日本式と同じ)。今回のピカードの世界においては、連邦は堕落した組織(第1シーズン)に成り果てていたわけなので、テロリスト設定とは相性がいい。

ヴァーディクの計画:ディストローム研究所からピカードの肉体を盗んだが、不完全だったので、息子のDNAが必要になった。両方あれば、ピカードそっくりに化け、見破られること無くフロンティアデーに参加することができるらしい。

ヴァーディクの過去:ドミニオン戦争中に捕虜となり、9人の兄弟姉妹と共にディストロームステーションでプロテウス計画の実験にさらされた。Memory Alphaによると、可変種の「偉大なる繋がり」から分裂した一派で、独自にスターフリートへのテロ行為を画策し、組織内部への侵入に成功している。ヴァーディクは繋がることで改造された能力を仲間に伝播できるらしい。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2023/04/02 22:39 ] 映画、ドラマ感想 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
全記事表示リンク