Cobweb of にーしか

モデリング、海外ドラマ感想、洋ゲーRPG

Substance 3D Painter買うたった

SubstancePainter_tn.jpg

あると便利そうなんで、steamオータムセールで買いました。SamplerとDesignerも。

steam版は買い切り扱いで、2022年版は(2022年中に限り)無償でアップデートが受けられるようです。翌年はVerUp版を(優待価格で)買い求めるか、旧Verのまま使い続けるか、という選択になるのでしょう。

このSubstance系ツール、おそらくソフトウェアだけでは、クリエイターとしての恩恵はあんまり感じないかもしれません――もっとも、素材をどんどん自作できるゾ、という人なら、これで必要十分ですが。

手早く目的を達成したい場合、出来合いのアセットを使えると大分捗ると思います。

そこで、個人版の月額を払うかなぁ、ということになるわけです。この会社、Adobeに買収されてしまいましたので、まーたお布施しなくてはなりません。

SubstanceAssets.jpg

欲しいアセットを確保するために、その都度月額を支払って、作業は買い切り版で気長にやろう、と。個人でローコストで運用するなら、こんな感じになるんじゃないですかね。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2021/12/01 12:02 ] カスタムモデル | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
全記事表示リンク