ス ク ラ ッ チ す る D

blenderでモデリング、海外ドラマ感想、洋ゲーRPG、のことを綴ります

Qomar Planetary Alliance

「今の歌声合成ソフト市場は30年前のシンセ市場のよう」――AHSが見る業界の現在地
 超高速歌唱や超高音など、人間には歌えないような楽曲はVOCALOIDの初音ミクが登場したころに作られた。尾形代表もその新しい歌唱表現に可能性を感じたという。
これを読んでふと思い出したのが、VOYの歌うドクターだ。第133話「心に響く歌」。

歌を知らない種族に歌うことを教えたまではよかったのだが、その高等種族は数学的に歌声を発する能力にしか興味が無く、歌が及ぼす情感といった芸術の才を理解できなかった。まるでシンセサイザー開発競争の果てに見える世界を表したかのようだ。

表現がそのまま芸術の域に昇華できるのか? またもや、VOYで未来的な入り口が既にやり尽くされていることに気がつく。なかなか偉大なシリーズだったわけだ。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2020/11/04 11:20 ] テクノロジ- | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
全記事表示リンク