ス ク ラ ッ チ す る D

blenderでモデリング、海外ドラマ感想、洋ゲーRPG、のことを綴ります

アリコーン撃沈

steamのGWセールで購入したエースコンバット7をプレイしています。昨年PS4版を購入して以来。主にDLCをプレイするのが今回の目的です。

エリート2コンでプレイしており、とても快適。左スティックを長いものに差し替えたら、操縦精度が高まりました。機銃による撃墜も狙えるほど。ものすごく上達したような気分。

グラフィック設定を、PS4よりも見栄えの良いであろうHIGHにしてみたものの、処理落ちすると自動的にポーズ画面になります――ボタンを間違って押してしまったのかと。でもポーズ画面からではグラフィック設定を開けないから、あんまり意味がありませんやね。

ミサイルや戦闘機の航跡雲が画面を横切ったかな? という場面で、一瞬スローになったかと思うとポーズ画面……まぁグラフィックボードを買い換えたいとは思っていますが。最適化があんまりされていないのかもしれませんね。負荷の高そうなポストプロセスやらシャドウやらFXAAやらをMIDDLE相当にして、ポーズ画面に邪魔されずに遊べるようになりました。

DLC機体は高性能揃いです(たった3機ですが)。特に対地特殊兵装FAEBが使えるFALKENが愉しい。一瞬で対地目標が消滅して、ほとんどチート。こういう兵装をDLCナシの状態でも使いたかったですよね。

ところが、キャンペーン最終ミッションとなると、DLC機体でのクリアはちょっとコツがいりそうです。というのも、DLC機体はどれも大型で、トンネル内飛行時のマージンが乏しいため。

まずは進入口。トンネルの断面は円形ですが、入口の左右両フチに直径よりも幅を狭くするような出っ張りがあります。入るときロールせずにそのまま直進したら、すぐ激突。

次はカーブ。トンネルのカーブに沿って機体をヨーしていく時にヘマると壁面をバウンドし続けて爆死してしまいます。

結局、F-22Aのような俊足で、大型ではない機体を選ぶのが近道でした。

そして、DLCのSPミッションですが、どれも長丁場。

SPミッション1でRAGEとSCREAMのコンビが出てくると、とたんに撃墜されてしまって、最初はポカーンでした。本編キャンペーンをこなした上で、有利になるパーツを装備してみると、余裕ができました。

そんなこんなで即座にRAGEをたたき落としたところ、SCREAMの叫び声がおそろしいほどの怪演。DLCでは、なかば発狂してるような敵が目立ちます。この手のシナリオは趣味ではありませんが、遊び応えでは申し分ありません。

SPミッション3がとにかくクドかった印象。初見ではレールキャノンのコアが壊せないのじゃないかと思います。正面からでないと有効ダメージを与えられないにもかかわらず、側面に向かって飛んでいくように初期配置させられるので。

PS4版での学習から、EASYをひとまずクリアして、機体とパーツをアップグレードさせてからNORMALに望む、という順路を進んでいます。キャンペーンも、もう一度最初からやり直しているわけですが、Sを取りやすいミッションと、何度やりなおしてもCで終わるミッションとに分かれます。採点基準が分からないので、攻略サイトを参考にするしかないのがもどかしい。

「砂嵐のタンクローリー」や「マッキンゼイ司令を護衛」なんかはもう覚えるしかないタイプのMAPで、特に後者はタンクローリーよりもSAMのアタリをつけるのが難しく、手遅れになりがち。ゲーム性としてはどうかなァと思うところですな。タンクローリーが意地悪なのは、前段での比重が高いらしいこと。ローリーに馴れて時間的に余裕をもって解決しても、C。いや、そりゃないだろ、と。

あとは敵味方識別ばかりさせられる後半のミッション2つが愉しくないですよね。敵と判明するまでの時間がわざと長いし、味方と識別されたはずの緑色の標的が、すぐ後に赤色に変わったり、と。そのうち、標的システムの赤だか緑だかの表示の意味が、どっちが撃っていいやつか見分けがつかなくなってくるし――ゲシュタルト崩壊ってやつかな。

相変わらず、王女様のラジオ芸には滑稽さしか感じませんでしたわ。ゼイゼイ息を切らして走る場面とか、扉をこじ開けようとすると、僚機のカウントが「堕ちろ!」と声を合わせる演出とか。この王女様、ピンマイクつけたままで、お手洗いに行っちゃうタイプでしょ、ゼッタイ。

それとスクラップクイーンの厨っぽさ。声質とあいまって、トミノ節みたいな言い回しね。あれは鼻につく。シナリオの盛り上げ方がいかにも安っぽくて。秀逸なHBOドラマやらを見慣れてると、これは受け入れられない。それに、プリレンダムービーによる寸劇とブリーフィングの、二重の無意味さ。二度と見たいとも思えないムービーにお金かけているんだから、ご苦労様ですよ、ほんと。ブリーフィングもほとんどラジオ芸と同じで、作戦内容の要約としてはまるで役立たずだったり。これなら、昔のOriginのStrike Commanderの方がよっぽど面白かったな。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2020/05/06 16:30 ] シミュレータ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
全記事表示リンク