Cobweb of にーしか

モデリング、海外ドラマ感想、洋ゲーRPG
月別アーカイブ  [ 2023-12- ] 

ニコニコプレミアム会員費が値上げ

まず、お知らせのタイミングが絶妙である(3ヵ月前に告知するという義務にもとづいているだけであろうが)。

なぜなら、いま解約すれば年越し(大晦日)を一般会員で過ごすことになる。年越しをプレミアム会員で配信/視聴したい場合には、来年1月を待って解約することになる。もっとも値上げは来年3月からなので、年越しだけプレミアム会員でいたい場合には違いはないわけで、いたずらに反応してしまわぬように気をつけたいところだ。

現在月額払いの人は年額払いに変更することで値上げ料金を低く抑えることができる。

しかし、ニコニコプレミアムを年額払いに変更したい場合、一時的な解約が必要だ。ニコニコプレミアムを解約すると、解約した時点で一般会員に格下げになってしまうのである。

決済方法によっては、解約同日に再度プレミアム会員登録をすると、既に支払い済みのプレミアム会員費一ヶ月分を損する場合がある

参考:
プレミアム会員の支払方法を変更する
支払方法を変更すると、支払方法ごとに料金が発生します。
同月内に解約と登録をおこなうと、1ヶ月で2回料金が発生します。
1ヶ月で2回料金を発生させたくない場合は、月末に解約し、翌月にご希望の支払方法での登録を推奨します。

クレジットカード払いでプレミアム会員料金を払う
同月内に月額払いを解約し年額払いで再登録された方は、その月の月額分のニコニコポイントを配布いたします(再登録した翌月の上旬ごろに付与いたします)。
※ニコニコポイントの配布は2024年2月29日までとなります。2024年3月以降に再登録された方は配布の対象となりませんのでご注意ください。

スマートフォン決済の場合、同日の解約後再登録は二重に料金が発生しない場合と都度発生する場合がある。詳しくは: スマートフォンでプレミアム会員料金を支払う

また、2024年1月中にプレミアム会員になっていれば、ニコニコポイントがもらえる。実質的な補填と言えるだろう。
参照: 【重要】ニコニコ動画/生放送のアップデートとニコニコプレミアム会員料金の改定について

さらに年額払いに変更する人向けのキャンペーンに応募していれば特典がもらえる。
参照: 【期間限定】今なら、お好きな特典が選べる!プレミアム年額払いえらべる特典キャンペーン実施中!

前述のポイント配布とこのキャンペーン特典を合わせれば、決済方法にもよるが値上げ分を帳消しして、お得になることがある(少なくとも値上げ後の初年は)。

ゆえに、会員費を低く抑えたいなら、現行プレミアム会員は12月中に解約し、翌年1月末までに年額払いで再登録するのがよい。これからプレミアム会員になろうと考える人も同様に、翌年1月までに年額払いでプレミアム会員登録するのがよい。クレジットカードの年額払いにして特典をもらうのが最も割安だ。

決済方法によっては、12月中に解約して翌1月中に再登録とすることがベストの人も居るため、年越し(大晦日)をまたぐことになる。ここは消費者の立場からすると賢い判断ではないだろう。とくに年越しをプレミアム会員で配信/視聴したい場合には。11月中に解約できることが望ましかったことになるわけで、そうすると案内が遅すぎるとも言えてしまう。

現在プレミアム会員の人は、今後迷いどころである。あと一年間(2024年3月1日から2025年2月末まで)は会員であってもいいかもしれない(前述のポイント配布と特典をもらえる人なら損はしない)。それより後は、値上げ料金分の負担を強いられるので、2025年2月の解約者が増加傾向になるかもしれない。

奨励金をもらってる諸氏は義理堅く年額払いを考えるところかもしれない。ニコニコでのコミュニティや活動がどのくらい豊かで実り多いか、によるだろう。たしかにYouTubeやpixivのような最大手とは違う感触があり、他にはないニコニ広告という手段によって露出も若干は可能だ。登竜門として相応しい舞台装置でもあるから、居心地のいい場所だと言えるだろう。今回の値上げを決断した運営側の実情がどのくらいのものなのだろうか? カドカワの赤字部門でいよいよ採算割れとなったら、事前に何か動きがあるはずだ。これからもクリエイターらが長く活動できる場であって欲しいと願う。
スポンサーサイト



[ 2023/12/07 02:19 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)
カレンダー
11 | 2023/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
全記事表示リンク