Cobweb of にーしか

モデリング、海外ドラマ感想、洋ゲーRPG

ピカード第3シーズン第2話

ラフィー「量子トンネル技術の兵器が……」

いや待て。24世紀の転送の技術が既にある世界で「量子トンネル効果」なんて、きっと当たり前だろう。21世紀のチップの中で既に使われているじゃないか。むしろ、壁を通り抜けるという意味なら、難破船ペガサスの遮蔽装置がまさにそれだ(なんだ、またかよ)。

現代で脚光を浴びているテックタームを彩りに添えているつもりかしらんが、400年も先なら、全く新しくないはずだ。少なくとも、基礎技術の名称では呼ばないだろう。作中の事件映像を見た限り、大規模な転送が行われたみたいにしか見えない。転送装置の兵器転用と呼ぶべきじゃないのか?

余談ながら、スタートレックの技術を現代物理学で推理するというサイトで昔読んだ内容を思い出した――転送装置について。転送を行うには人間を構成する素粒子をエネルギーに変換して、さらにそれを元通りに再配列しないとならない。そのためには、素粒子の位置を正確に特定しなければならないが、量子力学の不確定性原理によって、それは無理難題だ。転送装置の図解には、それを可能にする装置(Heisenberg compensator)が視覚的に描かれてもいた。で、この問題に引っかからない方法が量子テレポーテーションだとも言われている。

量子トンネル効果とはまた違うわけなんだが、どちらも量子の性質を制御できる技術には違いなかろう。ワープも転送もある世界で、今更量子の基礎的な技術を兵器そのものの性格としては呼称しないだろうと思うわけだ。外連味のある、意味不明の「重核子爆弾」ほど奏功していない。例えば、核爆弾や核兵器のことを、原子爆弾、水素爆弾、コバルト爆弾、等々と細分化できる呼称がある中で、新しい核兵器のことを「核融合の技術を使った兵器」なんて言わないだろう。

かつてのスタートレックの世界では「トランスワープ」のように、その世界の中で既にある概念をさらにひねって造語としている。つまり、ピカードを作っている人たちは、多分な内輪ネタを盛り込む一方で(内輪ネタに明るいショーランナーがいる傍ら)、スタートレックの世界に対しては、どこか視聴者を無知であればいいと見ている節がある(実際の脚本を書くアシストの無名ライター連中はよほど明るくないのではないか)。造語では足らずに、説明をしたがるほどだ。それが箔付けになるとでも言うように。まるで自信の無い第三者(にわか)が、借り物に加えた自己流のアレンジを、バレませんように、と祈っているみたいに。なぜなら、その実は「穴だらけ」だから。第1シーズンは特に酷かった。第2シーズンも整合性は取れまいて。

また一方で、ピカードには作り手の自嘲的な、メタとも思えるメッセージがよく出てくる。

DO NOT SEEK BLAME. DO NOT SEEK ANGER.

――これ、絶対、ファンに向けて言ってるだろ。下手なモン作っておいて、アラ探しするな、責めるな、とはよく言うわ。
スポンサーサイト



[ 2023/03/14 21:20 ] 映画、ドラマ感想 | TB(-) | CM(0)

スタートレック:ピカード 第3シーズン

スタートレック:ピカード 第3シーズンが以前よりもマシだというので、視聴している……ところが、すでに第1話の序盤で違和感を覚えずにいられない。

第1の疑問点

(視聴者には経緯が不明だが、)不正乗艦してきた相手を原子分解するビバリー。フェイザーはライフルとはいえ、スターフリートではスタンが基本だった。敵性人型生物に対しても、原型を留めないような過剰な使用をしたことは希にしかない――少なくとも、死体は残していた。

ましてや、ビバリーは未だに(表彰盾から)医療従事者のように見える。これまでのシリーズではドクターが殺傷に及ぶという葛藤を描かないで済んでいた。それがどうだろう。25世紀のビバリー・クラッシャーは相手を躊躇無く消し去っている。

ピカードの作劇では正統へのアンチとして、スタンを使うことがほぼない。スペシャル・イフェクツの見せ場とばかりに、登場人物の誰かがフェイザーを手にすると死人が出る始末。時には、(死ぬ方や使う方が)過去の有名人物だったりするから、なおタチが悪い。今回も同じというわけだ。

第2の疑問点

タイタン号の現艦長ショウに行く先変更を迫るピカードとライカー提督。ショウ艦長は自分に命令を与えた指揮官の正当性を述べ、給料の面でも上官だ(※)と言う。私のようなファンの知るところでは、24世紀では貨幣経済は根治され、富の分配といった不均衡は是正されたはずの理想世界こそがスターフリート並びに惑星連邦だった。給料面における優遇がオチとなる台詞は、24世紀を生きている人間からはたぶん出てこないだろう――いくら皮肉屋でも。

ピカードの作劇ではパトリックのデザインにより、惑星連邦はそのまとまりを失い、地球には貧困や腐敗政治がはびこっている風体になった。それが未だに踏襲されているということを言いたいのだろうか。確かに正統でもDS9のフェレンギを筆頭に、ラチナムによる資本主義は死んではいないことが覗われてはいた。しかし、25世紀の連邦士官が給与で働いているという描写は寝耳に水だ。レプリケーターで生成できるアイテムがより複雑で本物に近い、といった利用範囲の優劣ならば24世紀の士官の序列にあったと記憶している。しかし、給与問題が上司=金持ちとして描写されたことはない。

ライカーがトロンボーンに打ち込むのは、人間性を高める向上心には趣味を大切にすることが(24世紀では)一般的なのだ、とTNGで説明していた。経済価値で人間を測らないだろうから、現代のように給与制度における上下関係は核心ではないわけなのだ。ショウ艦長に話させるべきは、上司は(古びたライカーらよりも)尊敬に値する理想的な人物であり、(ジャズの伝で)音楽の趣味が自分と同じなのだ、といった返しだったろう。

※追記:この給料云々は英語慣用表現の直訳らしい。要するに翻訳がダメだったということ。above one’s pay grade「給与の等級を超える」転じて、「権限がない、管轄を超える」という使われ方になったそうな。訳者もスタートレックに馴染みがないんじゃないか。ファンなら、世界観に合わないおかしいこと喋ってるって分かるよね。なお、リスニングした人によると劇中では、pay grades far above all of all ourselves(この場に居る全員よりもはるかに上の権限)と言っているそうだ。監修丹羽氏なのに、見逃したか。

逆説

興味深いことに、劇作上でショウ艦長が提督老コンビの要求をあっさり退ける展開に、「それでこそ、正統なスターフリート」と私は喜んでしまった。あまりにも連邦士官の正しい姿だから。余談ながら、ローワーデッキ第3シーズン第1話で「艦隊も捨てたものじゃない。システムを信じろ」という台詞はピカードの第1,2シーズンを揶揄したものだと、私は感じた。

第3の間抜けな事実

ラフィはレッド・レディといわれてもまったく見当が付かないらしい。一方で視聴者の方は、第2シーズンで様変わりしたボーグクイーンとの共生体アグネス・ジュラティが、好んで赤いドレスに身を包んでいたのをよ~く知っている。相も変わらず、見え見えでお粗末な作劇、としか言い様がなかった。

もうこの時点で、第3シーズンも期待できないだろうとありありと解る。
[ 2023/03/14 16:46 ] 映画、ドラマ感想 | TB(-) | CM(0)
カレンダー
02 | 2023/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
全記事表示リンク