カ ス タ マ イ ズ で 遊 ぶ +

洋ゲーRPGや非電源ゲームを扱っていましたが、最近はblenderでモデリングです!

オタクを詰る理由付け

「自分だけを見つめてくれるアニメの女の子でオナってるんでしょ? キモっ」
    by「詰(なじ)られ手コキ」中の小悪魔

ある時期――宅八郎(*)がTVで活躍していた頃、オタクは差別的に見られていた。が、今はそうでもない。
* Wikipediaを参照すると氏の名前を出すことは得策には思えないが、TV局側が作ったという風貌ゆえに、当時のアイコンとして非常にわかりやすいために挙げた。個人的な関係などは一切ない。

その証拠に、メディアにはオタク趣向なコンテンツが山ほど見られるようになっている。AKB48出演のバラエティ、VTuber出演のトーク番組、かつてのオタク向けコンテンツをお笑い芸人達が熱く語る番組、などなど。

さらにオタクはビジネスを活性化させる原動力として、方々で採用されている。メッカの秋葉原電気街の装いはもちろんだし、地方のゆるキャラ、ロコドル(ローカルアイドル)、初音ミク、など枚挙に暇がない。

ソーシャルゲームが使う仕組みも、キャラ萌えであり、オタクがアニメの二次元キャラクターに入れ込んでいた最初期の構図を焼き直しているようなものだ。腐女子が入れ込むBLですら、市民権を得つつある。

そうした中で、エンパイアクラブのメイド達のセリフに現れる時代感覚はどこか古臭い。まさしく、宅八郎の時代に逆戻りしている。

傅きモード(ゲストモード)も顕著で、個性的で迷惑な客としてオタクが頻繁に登場する。

どうしてか、カスタムオーダーメイド3D2では、オタクは蔑視の対象として扱われる。メタ的にも面白い構図である。

COM3D2というのは18禁ゲーム、いわゆるエロゲーで、しかも写実的でない二次元寄りの画作り。それを遊ぶ層はオタクとも広く被っているはずなのだから。つまり、オタクはお得意様であるはずで、それを蔑視するネタを容れてくるということは意図的に見える。

オタク文化が蔓延した中で、広く“オタク”だけを迷惑行為の首謀者として描くのはたいへん危険だ。実際のオタクにはピンからキリまでいるわけで、とても外交的でコミュニケーション能力の高い者も当然いるし、オタクの有名人というのは大体そういう人である。

何かのオタクであることはスゴイ、とメイド達に一目おかれてもよさそうなものだが、そのような演出は見かけたことが無い。

そればかりか、オタク趣味を持つメイドがいない、というのも今のご時世、おかしな話である。

オタク達にアピールするならば、当然、共通のオタク趣味で盛り上がれるメイド、というテンプレが最低一人は居なくてはいけないはずだ。

開発者サイドもオタク趣味を利用して商売をしているにもかかわらず、リア充をスタンダードに据えたかのような世界観が垣間見えるエロゲーというのはいかがなものだろう。

少なくとも、ライターの何人かはオタクの迷惑者を登場させたり、詰るプレイという口実でメイドにオタクを罵らせたりすることで、自身の鬱憤を晴らしているかのように見て取れる。それは仕事の内容が役不足だという抑圧的感情ではないだろうか。

一般的なエンターテインメント性からはかけ離れているような偏見に立ったシナリオの作りが多いことからもライターの未熟さがうかがえる。

以前にも書いたが、仕事に疲れ家庭的な境遇にも恵まれない中年男性が、エンパイアクラブのメイドにサービスしてもらうというシチュエーションが、傅きモードの中で表現される例があった。しかし、その視点は弱者を鼓舞するようなものではなく、諦観への気づきを促すのみで、夢や希望、はたまた改革へと誘うもの、にはならなかった。負け犬を見て一緒に笑おう、という鳥瞰図であった。

今の時代、格差というものを考えずにはおれない。所得や社会的地位の格差、そこが元凶となる提供サービスの品質の違い。

誰もがそこそこの勝者であった中流階級の時代はとっくに崩壊した。高いところから見下ろせる者なんて、世の中にどのくらい残っているというのか。

時代感を捕まえきれていない文芸作品は人々から反感を買うかもしれないことを、ライターの人は理解しておくべきだろう。

「みんな言ってますよ、キモいって。そんなご主人様を見てあげるのは私だけなんですからね!」
    by小悪魔
スポンサーサイト
[ 2019/05/19 23:03 ] 考察 | TB(-) | CM(0)

GP-02の情報

『COM3D2+(カスタムオーダーメイド3D2プラス)』の情報
ニコ生のKISS公式配信をタイムシフトで見ながらメモしました

GP-02と言われているもののこと
アペンドのみとして提供(新本体はGP-01のまま)

もとのGP-02は6キャラクターだけ
パッケージ(※表現がまぎらわしい)が二種類

※メディアはダウンロードのみ(ダウンロード“コード”と言っていました

6キャラクター版3,980円(いつものやつ=初期三性格とCM3D2初期3人
16キャラクター対応版6,980円(上に加えて追加性格全部入り
※16人目は追加性格「警戒心が強い不愛想」で6月28日配信予定

個別1キャラクター予価600円
欲しい性格だけ買えるようですが、6キャラクター版が別途要るようです

7月26日配信予定
イメージとしてはシーズンパスのようなもの
8、9、10月にかけてアップデートを追加配信


7月26日配信時の内容:

「結婚」システム
恋人から嫁へ

場所
・大聖堂
 機能
 ・式の途中でお色直し(衣装チェンジ)できる
  Aラインウェディングドレスとミニウェディングドレスがある
・新婚プライベートルーム

プライベートメイドモード
常時画面に表示させ、お喋りをしたり、クラブ内を一緒に歩いたり、ベッドに押し倒していちゃいちゃ、など

新夜伽システム(GP-01で追加されたものを強化)
感想を伝えたり、NTR後に報告、よりアダルトに拘った演出へと進化
・ハーレム
・スワッピング
・NTR(寝取らせ)
・NTR報告(メイドが報告して、ご主人様がセリフを選んで分岐

新規の3人ダンス
「Remember to dearest」
アイドルルート
過去のNPCさき、えな、さな、シェリンが登場

エンパイアライフモードの追加

マイルームカスタマイズの新パーツ追加

8月追加配信の第一弾:
 新夜伽システムの新カテゴリー「百合」
 3人のポールダンス
 プライベートメイドモード「ブラック」
  プレイヤーがご主人様以外の男性になってみる

第二弾、第三弾:
 ユーザーアンケートを採るつもり―6月27か28日開始

配信が全て終わった後で全部入りのメディア版(※ディスク媒体のこと)を出すかもしれない


なお、5月31日に全年齢版(R12版)5,800円を発売予定
R18版をお持ちの方へは、無償アップデートで、全年齢版に含まれる新恋愛パート(警戒、恋人+の段階)を追加(もちろん初期三人だけw

海外英語版も(国内では買えないが)発売予定(時期未定)
国内版をお持ちの方へも、英語版発売に合わせて同じ内容を利用できるようにするつもり
[ 2019/05/19 02:12 ] 美少女ゲーム カスタムメイド3D2 | TB(-) | CM(0)
カテゴリ
カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
全記事表示リンク