カ ス タ マ イ ズ で 遊 ぶ +

洋ゲーRPGや非電源ゲームを扱っていましたが、最近はblenderでモデリングです!
月別アーカイブ  [ 2019-05- ] 

シド・ミード展

行って参りました。会場は学校の跡地利用でほのぼの。

原画の魅力ってのは大きいですね! 原画を見ると画集からは得られない情報がいろいろ分かる気がします。

例えば、グワッシュのいくつかには右下隅に画鋲の穴が空いています。これはトレーシングペーパーか何かの位置合わせの跡じゃないかと思います。また、球形タイヤの中央部にもやはり画鋲の穴が空いています(中には厚塗りで埋めてあるものも)。これは円を描くときに使った定規の軸穴かな、と思えました。

ミード画の特徴は、不透明水彩の筆塗りで丹念に描き起こされた輪郭やディテールでしょう。ディテールにおいては、緻密で繊細な幾何学的ラインが何本も何本も重ねられることで、独特の存在感に一役買っています。このラインをどのように描いているのか、とても興味が湧くところです。クロノログ(バンダイのLD付き画集)の紹介か何かで、フリーハンドで描く秘訣がどうとかあったように思います。クロノログ欲しくなりますね……ヤフオクで5万円超えですけど。

とっても有名なやつの原画もけっこうな数ありました。とりわけ映画『ブレードランナー』はスピナーを含め一連の、デッカードのバスルーム、タクシー、ダウンタウンなど9枚が網羅されていて、画集が高価で手が出ずに立ち読みした昔を思い出しました。リドリー・スコット監督が採用を決めた理由である、INTERFACEというカタログも(たぶん全部ではなくて一部)出展されてました。

(ブレラン絡みで)ショルダー・オブ・オリオンは、ミード氏の意向で図録にも含まれない会場展示だけのもの。なんと、劇中のロイ・バッティの台詞(たぶん「アタックシップ・オブ・オーロラ~」とか「シービーム~」のくだり)にインスパイアされて描いたものだというからオドロキ。画は3枚から製作過程が理解できるものの、残念ながら、それほどガッっとくるものではなかったです。

ブレードランナー2049からはグランドホテルの全景画が展示されてました。

スポンサーサイト



[ 2019/05/16 02:35 ] 名車 | TB(-) | CM(0)
カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
全記事表示リンク