Cobweb of にーしか

モデリング、海外ドラマ感想、洋ゲーRPG

Pathfinder: Kingmaker(5)

王国運営が厄介。とにかく困るのは、期限付きのイベントやプロジェクトが、どのくらい難しいのかが皆目読めないこと。

引き受けたはいいものの、現場に到着して戦闘が始まってから全く歯が立たないことが判明したりする。レベル成長は容易くないことがこれまでの経験で分かっているから、期限内に強くなるなんてほぼ絶望的。これではどうしようもない。理不尽じゃないだろうか。

ヒーローでも失敗することがある、という現実的な演出には違いないが。

ゲームデザインが柔軟性に欠けるのではないか? と、Forumでも、よく話題に上っている。

何かにつけて嫌らしい条件が付随していて、常にストレスを抱えながら解いていくような感じなのである。例えば:

・初期パーティメンバーが自由に選抜できない
 (要のクレリックが不在になる)
・当初は4人制パーティ
・あるクエストを経ないと6人制パーティにならない
・4人制の時ですら、さらに1人が奪われるイベントが起きる
・2~3レベルで解決できるサイドクエストが少ない
・レベルに見合った順路が、オープンフィールドのせいで分からない
・高レベルで対峙すべきモンスターに最初から遭える
 (闘ってから勝てないと分かる)

レベルに見合ったモンスターと闘わせる場合には、強制的にリニアに進行させるか、敵の強さを可変させるしかないのだが、なぜか採用しているのはオープンフィールド。にもかかわらず、敵の強さは可変しない。どこにでも行ける自由度がありながら、どこから着手すればいいかの情報が多くは与えられない(若干の示唆はされるが)。

オープンフィールドで老舗となったThe Elder Scrollsシリーズの場合、メインクエストは行き先が明示されていて、敵の強さが固定。サイドクエストは敵の強さが可変する。したがって、いきなり強い敵に当たってしまう事故は極力少なくなっている。メインクエストでの敵は段階的に強くなっていくため、プレイヤー側も対処しやすい。

Baldur's Gateもオープンフィールドで可変しないタイプだが、行ける場所が多岐にわたることもあり、行き詰まった感じをさほど受けずに済む。こちらがダメならあちらに行ってみよう、と試行錯誤ができるわけだ。

Kingmakerの場合、行く先の選択肢はそこそこあるが、肝心のモンスターが手に負えないものばかり。ゆえに低レベルでも解決できそうな行き場が限定されてしまう。これはデザインとして機能的ではない。
スポンサーサイト



[ 2018/09/29 08:37 ] RPG | TB(-) | CM(0)

Pathfinder: Kingmaker(4)

―Tartuccio(the Ancient Tomb)は3レベル
―Bear-like Treant(the Temple of the Elk)は4レベル

で、それぞれ倒すことができた。プレイヤーパーティが2レベルから3レベルへ、3レベルから4レベルへ成長するためのErrandsが乏しい(倒せない敵ばかり見つかる)ことが進展を阻んでいて、CRPGの導線としては好ましくない。

よく探さないと、2レベルに相応しいモンスターを目にできない。マンイーター・トロールも倒せないし、ウェア・ラットも倒せないし、ロンリー・シャンブリングマウンドも倒せない。ランダムに紛れたエンカウンターのテクニック・リーグには、貴重な人材であるNPCを連れて行かれそうになる。阻止しようにも、これもまた倒せない。

いっそのこと、虐殺パーティと化して、目に入ったマイトとコボルドを全て血祭りに上げていけば、あるいは成長しやすいのかもしれないが……イーヴル・キャラクターでもないと、さすがにやろうと思わない。

さて、ベアライク・トレントを倒してトリスタンと会話すると、「いずれ霧が晴れる」というようなことを言われるものの、霧は晴れないまま。カブケン神父にもテンプル・オブ・エルクを見つけたことを報告できない。??

実はテンプル・オブ・エルクには、隅っこの二箇所に別のモンスターがいるのだった。分かりにくい。これらを全部倒すと、ようやっと魔法の霧を晴らすことができた。

―Stag lord も4レベルで倒せた。

ただし、配下の山賊を一人ずつおびき出しては戦闘、の繰り返しで。hp回復のために、一旦要塞を出てキャンプ、を4回は繰り返さねばならなかった。BGでもあった、CRPGならではの光景。世界は主人公を待っていてくれる。夜襲を繰り返しても増援されたりしない。

キロスやクレスル、オウルベアさえもスタグ・ロードの打倒に手を貸してくれる。この辺はオリジナルのAdventure Passに忠実。……いや、クレスルだけはスベトラーナとの関係が新設された新キャラじゃなかったか?

レイディ・ジャマンディ・アルドーリとの約束の期限まで残り14日。そんなにギリギリにならずに目標を達成できた。めでたしめでたし。

男爵位を授かったところで、丁度5レベルに成長できた……かと思ったが、長い爵位授与式イベントの後にキャラクターシートを見てみたら、まだ1800ポイントも足りなかった。
[ 2018/09/29 02:49 ] RPG | TB(-) | CM(0)
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
全記事表示リンク