ス ク ラ ッ チ す る D

blenderでモデリング、海外ドラマ感想、洋ゲーRPG、のことを綴ります

新しい夜明けとなるか?

ArcaniA - Gothic 4 Demoがリリースされた。さっそく試したところ、とりあえず起動できなかった。ドライバ関連は、NVIDIA PhysX(9.10.0513), VCRedist, DirectXが、DEMOのインストール時に入る。イベント ビューアーによると、「障害が発生しているアプリケーション名: Arcania.exe、バージョン: 0.1382.0.0、 障害が発生しているモジュール名: XAudio2_6.dll、バージョン: 9.28.1886.0」とある。

XAudio2_6.dllはDirectXのサウンドドライバだ。これはJames Cameron's AVATAR - THE GAME (Demo)の場合とほぼ同様の症状で、システムのHDオーディオが有効化されているせいで起きる。

直し方は、「スタート → コントロール パネル → サウンド」で「スピーカー」を選択し、「プロパティ」を開き、「詳細」タブで「規定の形式」のサンプルレートを「24ビット、48000Hz」に選択してやる。これで起動できた。

さて、肝心のゲームプレイはというと……むぅ、退屈だ。一見Gothicではあるのだが、よく調べてみると“らしさ”はあまり残っていない。少なくとも、物語の引きは凡庸で弱い。今度の“名も無き英雄”には名前が付いているが、最近よく耳にする名前の“シェパード”だ。これ以上、詳しくは言わないが、ご自身でプレイしてどこがよくないか確かめて貰った方がいいだろう。

グラフィックは及第点、システムも簡略化されていて、取っつきやすい。物語も、順路があるので、いきなり放り出されて路頭に迷うという事はない。だが、昨今のRPGに照らすと、このどれもが当たり前過ぎて、まるで新鮮味がない。本来のGothicシリーズというものには、どこかしら尖った部分が残っていて、それが強い魅力であったはず。ここにはその片鱗は見えない。


旧シリーズ体験者には、懐かしい顔が居た。


Xbox360コントローラーでもプレイできる。


デフォルトのままだと、Xbox360コントローラーでは、インベントリやスキル成長画面でカーソルを動かせなかった。面倒くさかったのでオプション設定は見ていないが、再割り付けすれば良いと思われる。
スポンサーサイト



[ 2010/09/24 18:12 ] RPG | TB(0) | CM(0)

4万円でサブPC(3)

録画用サブPCが完成。予定では4万円チョイのつもりだったが、なんと、超過して5万近くになってしまった。原因は、電源とマザーボードを想定よりワンランク上にしたこと、メモリーを2GB×2にしたこと、CPUクーラーを買ったこと。これで数千円ずつはみ出して、トータルで4万という線を大きく越えてしまった。

CPU Intel Core i3-530(2コア LGA1156 2.93GHz)
CPUクーラー サイズ KATANAIII SCKTN-3000
メモリ SILICON POWER SP004GBLTU133S22 (PC3-10600-2GB 2枚組)
マザーボード ASUS P7H55D-M PRO
グラフィック CPU内蔵
サウンド オンボード
HDD WesternDigital WD5000AAKS
ケース Antec TWO HUNDRED S
電源ユニット Corsair CMPSU-650TXJP
OS Windows 7 Home Premium 64bit DSP版


新たに購入したCorsair CMPSU-650TXJPだが、昨年の品と比べてリビジョンがあがっていた。どの辺が違うのかは、分解でもしてみないことには見当もつかない。やはり、部品の銘柄や供給元の変化だろうか?

地デジ録画ボード、2TB HDD、ブルーレイドライブは既に持っているので、これらは後でマシンに組み込んだ。組み立てでは、結構ポカをやらかしてしまった(これこそが自作の楽しみの一部だが)。他人のポカは、読む人にとっては面白いと思うので、ここで紹介してみよう。

[ 2010/09/24 01:06 ] 自作PC | TB(0) | CM(0)
カレンダー
08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
全記事表示リンク