ス ク ラ ッ チ す る D

blenderでモデリング、海外ドラマ感想、洋ゲーRPG、のことを綴ります

国民的カノジョを作る

わかってもらえるかなー? 寧々さんだよー。

この髪型、見た目よりも面倒なんじゃい。

カスタムメイドで再現できる顔じゃないので、久しぶりにキャラクターモデル作っとります。

もう15ヵ月前ですか。あのときに比べれば、経験値がだいぶ溜まってきてるな、俺。もっともっとレベルアップしたいなぁ。

脳裏にあるのは、初代ラブプラスのジャギジャギのポリゴンの画面なんですよねー。だから、ラブプラスアーケード カラフルCLIP(後期バージョン)にミノ☆タローさんの画を30%加味したくらいがちょうどいいと思います。

延期されているEVERYだと、たしかにミノ画そのものが動いてる感じなんですけれども、あれじゃないんだわ。
スポンサーサイト



[ 2018/05/01 04:31 ] 3D - ZBrush | TB(-) | CM(0)

忙しい週末

ZBrush 4R4のパッチが出ました。ZBrush内でZplugin → Auto Update → Check new updates。パッチ直後は、またもやアクティベーションのやり直し。

SkyrimのDLC Dawn Guardが出ました。お値段20ドル。これはDLCとしては高めの額。たしか1GBは容量がありましたから、内容もそれ相応のものを期待します。果たして感触はどうでしょう? 久しぶりすぎて、何の最中だったか覚えていない…。Dawn Guardの砦に行って発任務を仰せつかりました。盗賊ギルドの14レベルに吸血鬼退治なんて勤まるんだろうか?

Arkane Studiosの新作Dishonoredがプレオーダー中。Bethesda傘下なので、親分が転けていない今はまだ勢いを保っているようですね。TESのMMOがちょっとどころか、かなり不安要素だと思います。BioWareのStar Wars: The Old Republicみたいにならなければよいですが(SWTORはF2P化で盛り返すとの試算が出ていますけれども)。昨今、わざわざMMOにまで参入する旨味って何でしょうかね? WoWの牙城はどこも切り崩せやしないでしょうし。

さて、プレビュー動画を見ると、キャラの造形とクオリティがややアレな感じ? またもや剣戟のできるFPS? 現在ボイスアクターで話題を牽引しています。
[ 2012/08/04 08:22 ] 3D - ZBrush | TB(-) | CM(0)

ZBrush4 R4がリリース

アップグレードの案内メールが届いていなくても公式ページでダウンロードリンクを作って貰える。(追記:4R4のdeActivationに問題があるということで、現在ダウンロードは出来ない模様)

R4にはQRemesherアルファ版が付属。これはトポロジを半自動的に構成し直してくれるプラグイン。手作業で作り直すような真似はせずに済む。誰もが待ち望んでいたものだ。たいそう生産効率を高めてくれるだろう…うまく活用できればナ。私のトゥポルさんも陽の目を見ることが叶うかもしれない。それでもCryEngine 3にXSI用Exporterが無いので、結局は袋小路なんだけど。

ZClassroomのTopology教材


この動画は駄目だ。まず音声が小さくてまるで聞き取れない。こちとらクソ暑い熱帯夜で筐体の空冷ファンが轟音立てて回ってるんだ。蚊の泣くような声じゃ聞こえねーよ。

ボタン関係ははっきりとどれを押してどうなった、というのを補って明示してくれないと。分かりにくいことこの上ない。一から順を追って示している丁寧なものでもなく、所詮概要か。言葉だけでコツを言われてもこれじゃ分からない。

この程度じゃ動画の意味ねーわ。こっちの画像とテキストの方がマシ。ZClassroomと銘打たれていないビデオ(2つある「Play Video」ボタン)の方がマシ。

基礎として、Topology Brushが出来たことをまず教えてくれなくちゃいけないだろう。あのガイドどこから出してるんだってのをさ。おまけに動画ではシームレス過ぎて、いつリトポされたのか「えぇっ!?(目をゴシゴシ)」って感じだ。

実際にやってみると、動画のように片側をガイドするだけでは綺麗にミラーされないので、何か設定があるんだろうがよくわからん(後でミラー&ウェルドする機能は見つけた)。←チキショウ、Symmetryが勝手に切れてやがる。【メモ:Transform→Activate Symmetry。ショートカットはX。】

ったく、毎回アップグレードする度に初期設定がコロコロ変わるな。ブラシのRGBが初期ONになっていたのはR2だったっけ? あれも酷かった。

どうしてもこの手のものは、パラメータを詳細に解説してくれないとすぐに戦力にならない。自分で試行錯誤するんでは余りに無駄すぎる。チャッチャッと済ましている動画では何も参考にならん。【メモ:Ctrlキーを押しながら項目にマウスカーソルをオーバーさせると簡易ヘルプ。】

ガイドをどう描くとどうなるのか、その辺の情報が必須。それにエッジの立て方だ。まぁマスクを併用するんだろうな(これが面倒くさい)。例えばアイラインはその形のまま、そっくりエッジに転換されないと使い物にならない。

この行程が上手く繋がるなら、△ポリのローポリでベースを作ってZBrushで仕上げという夢のような効果が期待できそうではあるが…。
[ 2012/07/27 01:57 ] 3D - ZBrush | TB(-) | CM(0)

How to get XSI add-on for Crysis

メ モ:

1. CrysisWars SDKに同梱されているので、CrysisWars_ModSDK_Packageをダウンロード。公式サイトでは404 Not Foundなので、FilePlanetから入手した。

2. CrysisWars SDKのインストールにはCrysis Warsが必要。以前steamで購入しておいたCrysis Warhead(Crysis Wars付属)が役に立つ。

3. CrysisWars SDKはsteam版にもインストール可能だと思われるが、なんとなくsteamクライアントとは切り離しておきたい。そこでOriginに登録を試みる。
  Origin ベータ・クライアント(旧称EAダウンロードマネージャー)からでは登録できなかったので、EAの製品登録サイトから登録(日本語版を選択可能)。

4. Origin ベータ・クライアントからCrysis Warheadの「ゲームの詳細を表示」を選択。アドオン欄のCrysis Warsをダウンロード(Crysis Warheadはダウンロードしなくてよい)。
  ファイル展開前になぜか一時停止するので、このタイミングで crysis_warhead_ja_mp.viv をバックアップしておくと後々再ダウンロードすることになった場合の時間が省ける。

5. インストールオプションのカスタムを選択して導入先フォルダを変更。インストールされたCrysis Warsに最新パッチ(v1.5)を当てる。

6. CrysisWars_ModSDK_Package(CrysisWars_ModSDK_Tools_v1.1.exe)をインストール。
  toolsフォルダにCrytek Addon.xsiaddonがある。単体で配布してくれれば楽なんだがね。
[ 2011/09/28 00:00 ] 3D - ZBrush | TB(0) | CM(0)

Crytek Staff Member told that

http://source.crydev.net/viewtopic.php?f=315&t=72987の二つ目のポストでCrytek Staff Memberが
“at the moment we only support 3Ds Max and Maya for rigged Meshes. There's an outdated Plugin for XSI available which we don't support anymore but might be worth a try.”
と述べている。XSIはもうサポートしないんだそうだ。旧版のプラグインは入手可能だから試してみる価値はあるよ、と言ってる。

同Forumの2頁目に気になるポストがある。それによると、自動机のFBX ConverterでFBX201000 formatからCollada .dae fileへと変換しておけば、CryEngine3のRC.EXEが受け付けて(should accept)くれるという。ただし、Rig付メッシュが上手く変換されるかまでは不明。

どっかで読んだな。結局.daeとして出力しているくせに、なぜプロプライエタリなExporterにするのか、と。もしこれが事実なら、大人の事情は迷惑なだけ、ということだ。

Colladaでいいなら、XSIからもいけたんじゃなかったっけ?
[ 2011/09/26 04:08 ] 3D - ZBrush | TB(0) | CM(0)

OBJ imported into ZBrush

ZBrushに取り込んでみた。Divideを一回かけた状態。まぁ、出発点としてはよしだろう。



元をXSIだけで作ったにしては悪くないと思う。俺のローポリの特徴として、必要なところだけ分割していくので三角ポリゴン多用で綺麗ではない。ゆえにリトポ必須で面倒くさー。

今回はENT終盤のトゥポルということなので、演じるジョリーン・ブラロックが開始当初よりも老けている状態を再現しないといけない。眼をぎょろっとでかくしして、唇を横に広くして、頬をこけさせれば、たぶん、それらしくなるだろう。

Sandbox3に持っていく手段の方は解決してないが、誰かがなんとかしてくれるかもしれないし、してくれなかったら仕方がないので諦めよう。俺自身がゲーム作ってるわけじゃないので、モデル担当はモデルしかやらなくても正しい。

Exporterやら、触ったこともないEngineの学習で時間を潰すのはもうご勘弁願いたい。
[ 2011/09/25 04:49 ] 3D - ZBrush | TB(0) | CM(0)

ZBrush 4R2

メールきた。ダウンロードした。ただし、いろいろ面倒くさくって今は試す気がしない。
実はまだZBrush 3.5 R3使ってるし。マスキングが面倒というか苦手でなぁ。このへんがもっと使いやすくならんもんかねぇ。
[ 2011/09/24 10:53 ] 3D - ZBrush | TB(0) | CM(0)

SI users are crying with CryExport

ざっと調べてみると、CryEngine3SDKには3dsMax 2009~2012とMaya向けのExporter“CryExport tool”が付属するそうだが、現状Softimageはノーサポート。オフィシャル・ドキュメントによれば、SandboxはSIをサポートすると書いてあるものの、XSI mod tool用の3年前のアドオンしか存在しない。

SIからFBX → MAXにImportしか手がない。

毎度のことながら、排他的なExporterには泣かされる(“Cry”Engineだけに)。CryEngine3なんか止めといて、Unityでいいじゃないの、と言いたいわ。

Star Trekといえば、このあいだ映画(2009年版)をBlu-rayでようやく観たばかり。見せ方がわかってる作りで、面白い、引き込まれる、見応えある、の三拍子が揃っていた。冒頭のカーク出産シーンはとりわけLOSTじみた俯瞰的なドラマくささがあり、悪くなかった。だがしかし、TOSのカーク達を念頭において見返すとメインキャラクターの印象がまるきり違う。

最も違和感がしたのはクリス・パイン。ジムはあんなにやんちゃ坊主だったっけ? W・シャトナーはもう少し理知的な味があったはずだ。リンゴ囓る演出はさすがにちょっと。向こう見ずで勝ち気ときたら、若きジャン=リュックの方が近いのでは? ボーンズとスポックはまぁまぁ許せる範囲か。ただ声質がねぇ。若いせいか、みんなまるっきり違うんだよね。

それからどうしても気になって仕方がないのは、バドワイザーの工場がエンジニアリング・セクションとしてまるまる流用されていること。あれをスターシップ内だと思えって? ご無体な。宇宙刑事シリーズじゃねーんだから。コンクリート製の壁や太い柱を背景に、色気も糞もない鉄製の配管だらけ。無骨な醸造タンクをディリジウム・チェンバーに見立てるくらいなら、いっそのこと全部CGにしてくれ。船内デザインを楽しみにSci-fiを観ているクチとしてはとにかく幻滅モノだった。最大の汚点。

他方、ブリッジのリインベンションは興味深い。70年代のレトロカーといった趣きで、スタンドやら蛇腹付きの照明器具がレトロ感覚の白を基調したコンソールから生えている。乱反射するフレアを写り込ませた撮影手法がこれらと上手くマッチしており、陳腐に見えるどころかスタイリッシュな装いとして非常に映えていた。こちらはバドワイザーからは想像も出来ないくらい、ダイレクトでスマートなイメージチェンジで秀逸。

…プラスマイナスゼロってことか?
[ 2011/09/23 05:11 ] 3D - ZBrush | TB(0) | CM(2)

ENTの亡霊?再来

旧Enterprise modのオーストラリア在住の幹事からお声が掛かってしまった。今度はCrysis 2のCryEngine 3で作るのだそうだ。前作が長大すぎて最終的に未完成で放棄となった苦い経験からであろう、今回は一時間程度の小品の予定だという。

やってみたいのはやまやまだが、3DS Maxでやると言っていて、どうも私の手持ちでは綺麗に繋がるパイプラインが無い。OBJとかになっちまう。



またT'polさんなのかよ? というのもあるしなぁ。あー、時間のあったときに以前のをブラッシュアップしておけば良かったか。「こんなこともあろうかと」なんて、実社会ではできねぇもんだよ。

先方がENTに拘るのも実はよくわからん。シリーズ屈指の○作みたいなもんなんだが。よっぽど好きなんだろうなぁ。

今になれば、あのクソつまんねぇCrysis 2も買っておいて良かったという感じだろうか。CryEngine 3(SDK?)なんかは全く弄っていないので、全然わからんが。

以前よりは英会話できるようになっているおかげで、ちっとはマシにコミュニケーションができそうな気がする。ボイスでなければ、な。

さぁ、困ったぜ。
[ 2011/09/22 03:14 ] 3D - ZBrush | TB(0) | CM(0)

間に合わねぇー! ソフイメーッ!!

やいコラ、XSIもといSoftimage! あんまり久しぶりだから、オペレーション忘れちまったじゃないかヨ! どーしてくれる! (ZBrushがメインになりかけている証左でありましょうな)

ここで、XSIで頻出する疑問のひとつを紹介致しましょう。

 頂点の揃え方: Transformと表示されているタブ状の部分を左クリックしてCollapse Points For Snapping/Absolute Translationにチェックをした上で、スナップオプションとグリッドスナップをオンにしてハンドルを動かす。

懐かしのXSI_Basic.pdf(日本語版)の16頁に出ております(画像はpdfから構成し直しました)。

Avidの頃はよかったよねぇ、チュートリアル・マニュアルが無料で。
[ 2011/07/20 22:47 ] 3D - ZBrush | TB(0) | CM(0)

無料アップグレード

来た来た来たぁ~、来ましたよ! ZBrush 4.0アップグレード通知が。
「いつも無料でアップグレードさせて貰っちゃって、すまないねぇ、ゴホッゴホッ」
「そんな事、気にしないでいいのよ、おとっつぁん」
という懐かしい志村コントが、脳内で変換処理済みで再生されてしまうよ。ともかく、買収攻勢でふんぞり返っているどこぞの会社とは大違いだわ。

Zbrush4Upgrade.jpg(44326 byte)

3.1から3.5へのアップグレード時には、ユーザー登録をやり直した覚えはなかったけれども、今回は、新規購入と同様に個人情報の登録を求められた。それが済むとようやくダウンロードリンク表示とシリアルナンバー表示。ダウンロード期限は二週間設けられている。バックアップCDの郵送サービスも有料でアリ(9.95USD)。

ZBrush_4.0_Installer.exeは242MBで、v3.5 R3の約二倍。インストールはまだちょっとお預け。しばらくは旧版と共存して貰わないといけないだろうな。こっちがモデリング作業をサボっている間に、どんどんアップグレードされてしまう…。こりゃいかん。

[ 2010/08/11 18:03 ] 3D - ZBrush | TB(0) | CM(0)

UV Master

ZBrush 3.5R3用のUV Master v1.0プラグインをざっと試してみた。Headus UV Layout Proを購入すべきか思案していた筆者にとって福音となるだろうか。

UV Masterでは、競合プログラムとの差別化として、完全自動化されたseam判断を目玉としている。ボタンひとつ押すだけで、モデルから最適なシームを割り出してUV展開してくれるという、実に夢のようなプラグインである。

さっそく今手がけているキャラクターモデル(38,032ポリゴン)に使ってみた。マニュアルによると、100ポリゴン~15万ポリゴンのオブジェクトが推奨されている。



結果は画像の通りで、シームが口角に出来てしまった。口パクが前提のモデルは口腔まで作り込むのが一般的だと思うが、これが災いしてか、マニュアルでならまずやらないであろうUV展開になった。

これを制御する為の方法がControl Paintingと銘打たれたものだ。ポリペイントと同様に、塗るだけという簡単操作で、全自動シームを補佐するのが狙いである。

[ 2010/02/24 11:10 ] 3D - ZBrush | TB(0) | CM(0)
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
全記事表示リンク