カ ス タ マ イ ズ で 遊 ぶ +

洋ゲーRPGや非電源ゲームを扱っていましたが、最近はblenderでモデリングです!

GPUとVRの展望

HTC VIVE Proを購入したくなるのをぐっと我慢して、Oculus Questの登場まで様子見です。スタンドアロン型はPCに接続するタイプよりも性能的には劣ることが分かっているので購入検討にはなりませんが、VR体験への入口としてどれほどのものを周知できるか、機器自体の扱いやすさも含めて注目です。

 追記:HTCのVive Cosmosは、おそらく、Oculus Questを想定してのものでしょう。競合しつつもHTCが勝るのは、Vive CosmosはPCとも接続可能とされている点です。詳細の発表まで期待。

VIVE Proをもし購入するならスターターキットで充分だと思いますが、それでもお高い。それに国内では無線化キットが販売されません。
参考:Vive公式無線化キットの国内発売は無しに 認可下りず

VIVE Proのお値段なら、NOITOM PERCEPTION NEURON 2.0を買った方がいいような気がしてしまいます。そうすれば、モーション作り放題ですから。

VRヘッドセットって、持っていても本当に使わないんですよね。PSVRなんかもう一年以上ホコリ被ってます。だから陳腐化しにくい高級品をわざわざ選んで買っておいても結局同じかとも……

もう少しハードの価格がこなれて、且つ、装着/使い回しがラクにならないと、VRヘッドセットの常用は難しいですね。だから、Oculus Questがどう受け入れられるかに関心が集中するわけです。

VRと切っても切れなくなっているのがGPUです。VIVE Proのような高精細を売りにした内蔵ディスプレイでは、アプリケーション解像度100%が実現できることが理想です。

GTX 1070では推奨値74%となり、いわゆる宝の持ち腐れになってしまいます。RTX 2070でようやく118%となるので、高性能GPUが必須だと言えます。
参考:Core i9-9900K&RTX 20シリーズでVIVE Proの動作状況を徹底検証

レイトレーシング対応プロセッサを搭載しているGPUは、これまでNVIDIAのRTXシリーズだけでしたが、AMDからRadeon VIIが発表されて再び情勢が変わることでしょう。レイトレーシング対応はVRと直接的にはまだ結びついていませんが、負荷の高い描画法であるため、おのずとGPUパワーの上昇が期待できます。

StarVR社のヘッドセットStarVR One(水平視野角210度)には、VRでも今後重要となっていく技術(例えばアイトラッキング、フォービエイテッド・レンダリング)が先見的に搭載されており、要注目です。
参考:思わず息を飲む広い視野、VRデバイス「StarVR One」体験レポ
描画を行う際は、2枚のディスプレイに対してさらに2分割した映像(合計4分割)を表示し、特許を取得しているレンズを通して観ることで広大な視野角を繋ぎ目なく綺麗に見せています。
既にHTC社のVIVEを使っている施設では、その互換性から将来的にStarVRに置き換わることはありそうな話です。エンタープライズ向けであるため、個人向けへ技術が普及するにはまだ時間が必要でしょうが。

 追記:VIVE Pro Eyeが発表されました。アイトラッキング機能が搭載され、NVIDIAのRTXシリーズとの組み合わせでフォービエイテッド・レンダリングが使えるとのこと。潜在的な脅威となるStarVRにシェアを奪われまいとHTCの攻勢もなかなかですね。
参考:視線追跡を感じさせないほどの追従の速さ。「Vive Pro Eye」を体験してきた

個人の作り手が作品を投稿できそうな場がまたひとつ増えるようです。
参考:バーチャルキャスト、3Dアバター・データ投稿サービス「THE SEED ONLINE」発表

VRChat向けのポリゴンドール販売なら、すでにBOOTHでも可能です。しかし、THE SEED ONLINEは、VRMフォーマットの仕掛け人らが立ち上げたバーチャルキャスト社による運用であり、期待されて盛り上がる可能性があります。
スポンサーサイト
[ 2019/01/10 05:55 ] テクノロジ- | TB(-) | CM(0)

PSVRにPC利用の手段がまた一つ

プレイステーションVR(以下PSVR)をPCで利用する場合、Trinus PSVRが“使えそう”ですね。

HTC Viveの代わりにPSVRを接続し、Trinusのソフトウェアが動いている状態でSteamVRのソフトウェアを起動させると、上手くエミュレートできるようです。参考:【検証】PSVRとPCを接続してHTC Viveのゲームを体験できるのか?

ただし、弱点もあります。Trinus PSVRではWebカメラを用いたトラッキングの精度が悪く、代替としてPS EYE(PS3用の旧来の備品)などが試されていました。PSVRにもともと備わっているトラッキングの為のハードウェアを利用できないので、こうなってしまうのです。

ここにきて、NOLOが注目を浴びてます。(参考:スマホVR用ポジトラキット「NOLO」クラウドファンディング初日にゴール達成

NOLOはポジショントラッキングとモーショントラッキングを実現するだけのデバイスです。スマートフォン用のゴーグルにNOLOのヘッドセットマーカーを装着して使います。このマーカーをNOLOのベースステーションで読み取り、NOLOのコントローラーでVR空間とインタラクトします。

スマートフォン用のゴーグルではなく、PSVRにNOLOのヘッドセットマーカーを装着すれば、Trinus PSVR環境でのトラッキングが補完されるとのことです(TrinusPSVR 0.6 with Nolo VR support)。

TrinusVR Official Reddit page
実際に利用している人からの詳細な報告はまだ無いようで、どのくらい“使える”のか、まだはっきりしません。NOLOの遅延は20ミリ秒以内とされています。ハイエンドVRから見ると、これはかなり大きい値かと思います。とはいえ、一式購入すれば即利用できるのでとても簡便ではありますね。

問題があるとすればNOLOの価格面と配送でしょうか。このデバイスに199ドル払えるか。そして、きちんと届くのか? 

年末から来年にかけてマイクロソフトのMRゴーグルが一般向けに登場すると噂されていますから、悩ましいところです。さらにまた、HTC Viveの新型はワイヤレスになるようですし。(参考:E3 2017でIntelが披露した「ワイヤレスVR」&「超高負荷VR」を体験してきた
[ 2017/06/24 13:44 ] テクノロジ- | TB(-) | CM(0)

欲しいモノを用意できる人間になりたいもんだね

■カスタムメイド3D2に欲しいもの

AIですよね。キャラクターの自律的なAIを指しますが、Windows10に付いているコルタナのような単にお喋りする為のAIとは違います。ベセスダのTESシリーズに搭載されている日課をこなすNPCのAIみたいなシロモノの事です。

21世紀に“洋ゲー”でゲームAIが遂げた驚異の進化史。その「敗戦」から日本のゲーム業界が再び立ち上がるには?【AI開発者・三宅陽一郎氏インタビュー】

この辺を読んだら、きっと北米のMODder達が俺らのようなプレイヤーだったなら、Half-Life2並みにオリジナルレベルなんかを作っちゃってるよな、と思うんですわ。Morrowindのオリジナルスクラッチ大陸みたいな感覚で、嫁イドのバケーションプラグインなんかを、ね。

Unityの2017バージョンでは新しいパスファインディング機能が喧伝されていたりと、時代はUnityだよね、Unity! MikuMikuDance→カスメまで来たら、もうUnityに直行しないと。海外に対抗しうる武器として、日本にはエロとヘンタイがまだ残っているじゃないか!!

■バンナムがお台場の施設に続いて、エヴァに乗れるVRアトラクションを新宿で展開する件

VRで遂にエヴァンゲリオンを操縦! 『エヴァンゲリオンVR The 魂の座』はギミック満載のコックピットがスゴイ

去年はボトムズでした。今年はエヴァ。

バンナムけちくさい! これがEAなら、家庭用VR向けにX-Wing試乗が実現されてるわけですよ。

SIEJAが働きかけてない事情もあるのだろうと想像しますが、バンナムは金のなる木を、まだ元が取れない家庭用に回すつもりはサラサラ無いんですね。期間限定イベントで10分一人いくらで稼いだ方が全然お得なんだと思います。費用対宣伝効果も上がって。

家庭用では課金で搾取するやり口がまかり通っていることもあって、バンナムの小屋型VRに対する積極性と商魂には腹が立ちますね。こっちは、あのサマレやアイマスでさんざん馬鹿にされてて、最新コンテンツは「おまえの家庭用VRには用意してやらない」ですからね。おま家VRとでも略すべきですかね。
[ 2017/05/16 19:13 ] テクノロジ- | TB(-) | CM(0)

観客としてのVR

http://jp.ign.com/vr/12459/news/mrtokyo-vr-startupsvr

引用:
VRヘッドマウントディスプレイを装着し、コントローラーを持ったひとりが動いて声を出すと、画面に映し出されたアニメ調の美少女キャラクターも同じように動いて声を出す。ニコニコ生放送やYYといった、本人が顔を出してライブ配信を行うプラットフォームがあって、投げ銭システムによって収入を得られるような仕組みも生まれているが、COVERのシステムは直接本人が顔を出さず、キャラクターを介して配信する。

オリジナルのキャラクターに限らず、有力なIP(知的財産)と組み、声優も巻き込んで人気キャラクターによるライブ配信のようなサービスを作り出せる。観客側もVR空間にアクセスしてキャラクターを間近で見る、モニター越しに2Dで見るといった参加が可能。2.5次元のキャラクターとライブ感のあるコミュニケーションを楽めるツールとして、展開していく予定だ。


観客側もVR空間にアクセスしてキャラクターを間近で見る
これですよ。ミクさんのヴァーチャルライブで俺が夢見たのは。観客が仮想空間を共有するというVR体験!
実現すると、「だからどうした?」かもしれないけれど、ニコ生の視聴者同士でコメした体験を引き合いに出すと、それだけでけっこう楽しくなりそうに思うんですよね。

他サイトでの紹介 http://thebridge.jp/2017/04/tokyo-vr-startups-2nd-demoday

VR-MMORPGは2018年?
http://jp.gamesindustry.biz/article/1704/17042803/

引用:
 しかし,なんというかこれまで「Unityで手軽にネットワークゲームを作れそうなプラグイン」という感じだった製品が,一気に「本格的なMMOまで作れそうなシステム」になってしまった。常々,本城氏がが公言しているように,モノビットは本格的なMMORPGを作るために設立された会社である。ネットワークゲームの基礎技術を磨いているのもその一環だが,最近ではVR分野の開発も多く手がけ,いまでは大型VR MMORPG制作を目指しているという。


VRを通じてみんなでワイワイ…も、ある意味では楽しそうではあるんですが。その前に、AI(スクリプトで可)と仮想空間でギャルゲーっぽく二次嫁ってのも、是非ひとつ具体化して欲しいんですなぁ。“行為”は無くてもいいんで。ビジネスにならないと見込んでどこも出さない、今がチャンスだよ!!

あぁ、こう書くと誤解されそうだな。『サマーレッスンがあるじゃないか』と。いやアレは違うんですよ。やった人はわかると思うけど。ご褒美のごくごく短い体験を入手するために周回前提(いつも同じシチュエーション)とか、「追加金(DLC)で外へ行けます(ただし5分程度)」とか、じゃないの。「今日は半日、二次嫁とデートしてきました」とか、「一緒にお酒を飲(んだようなシチュエーションをして)みました」とかが欲しいわけですわ。ラブプラスやドリクラみたいな。もう、仮想の女の子の心音が聞けるからVRゴーグルつける、という時代は終わってるんですわ。PSVRそのものが終わりそうだけど(笑)
[ 2017/04/29 09:58 ] テクノロジ- | TB(-) | CM(0)

実況配信者向けの知っておきたい技術

●FaceRig Live2D Module


こんな俺でもWebカメラがあれば美少女になれる! BRZRKが贈る「FaceRig」+「Live2D」利用ガイド

顔出し配信での素顔を3Dキャラクターモデルに変えてしまうテクノロジー。Live2D Moduleを使うと2次元美少女になれます。ゲーム実況配信だけでなく、Skypeビデオチャットでも使えます。今年早々に話題になっていたようですね。

steamのセールで購入して私も試してみました。
うーむ。自分の顔の表情をアバターが上手に再現してくれないことの方が多いです。ムリに大げさな表情をしないといけなかったりもします。

私の使っているWebCamの解像度が低いせいもあったのでしょうが、リンク先の記事でも「可愛く見せるにはやり込んで表情の作り方を覚える必要がある」旨書かれており、まだ改善の余地がある技術に思えました。

結局、実況の録画にアバターを後ハメ合成した方が簡単でしょう。自分の表情による連動ではなく、特定のモーションで明確な演出意図でもって編集した方が完成度も高くなるはずです。もはや“実況”ではありませんけどね。

関連リンク:
中の人(二次元)になる方法【FaceRig × Live2D × Unity × OBS × AVVoiceChanger × 気合】
FaceRig無しでも中の人(二次元)になりたい!【Unity × OpenCV × Dlib × Live2D】

↑凄いなぁ。VR元年どころか、この手の技術革新が一気に訪れた感じがします。ハニセレ体験版とかダウンロードしてる場合ぢゃないぞ>俺w

ところで、ハニーセレクトのキャラメイクを試したのですが、絵心のない人が描いた画みたいな印象を受けました。とにかく使いにくいですし、雛形となるフェイスモデルとデフォーマの連携が上手く行っていないと思います。パラメータは細かいのですが、痒いところに手が届かないんですね。オデコを引っ込められなかったり、頬から下の顔の幅(顎の幅)を額周りの幅と同じくらいに出来なかったり。K社カスタムメイド3D2の時は、デモを遊んだ勢いで製品版を即買いしてしまったほど、キャラクターモデル(ただし、アニメ調)の完成度の高さを実感しました。が、I社ハニセレ(フォトリアルVer.)ではそういうことは無さそうです。

ちなみに私が拵えたハニセレはこんな感じです。



●リアチェンvoice


自分の声をキャラクターの声にリアルタイム変換するSFのような技術、リアチェンvoiceが楽器フェアに登場!

リアルタイムで発話者の声を変えてしまうテクノロジー。これまでのボイスチェンジャーと異なり、収録済みの声優さんの声質に極めて近い具合に自然に変えてくれます。ただし、(声優さんに加えて)発話する人もあらかじめ声を登録しておき、変換用データを構築しておく下準備が必要です。残念なことに、一般個人ユーザー向けではなく、法人や企業向けのビジネス用途のみ。データの作成は、(悪用を恐れてか企業秘密なのか)開発した会社「クリムゾンテクノロジー」側で行われるそうです。

今すぐには手の届かない技術ですが、やがては一般ユーザーまで降りてくるのではないかなぁ~と楽観的に待つことにしましょう。Live2Dも最初は企業向けしかありませんでしたからね。
[ 2016/12/28 16:04 ] テクノロジ- | TB(-) | CM(0)
カテゴリ
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
全記事表示リンク