カ ス タ マ イ ズ で 遊 ぶ +

洋ゲーRPGや非電源ゲームを扱っていましたが、最近はblenderでモデリングです!

これは酷い!ドルビー社に支払いを怠ったAdobe

個人ユーザーであるオレのところにも、旧Verを使い続けられない旨の通告が来ました。

大手一社独占になるとよく起きることです。CAD系のAutodeskしかり、ビジネス系のMicrosoftしかり。支配している企業が行った方針変更に対しユーザーは泣き寝入りです。

Photoshopの旧い32bit Versionでないと、手持ちのTWAIN仕様スキャナーの機能が制限されてしまいます。Photoshopのアプリ自体も、新Verは携帯端末対応仕様のためか使い勝手が著しく悪くなっており、PCでなら旧Verの方が使いやすいのです。

今回のやり口は法的に問題があると思われますので、Adobeからの誠意ある対応を待つしかありませんね。

詳しくは:

「CS6以降のアプリがいつでもすべて使える」という売り文句のAdobe CCが、事後報告すらなく過去のアプリが使えなくなった件
https://stocker.jp/diary/adobe-cc/

Adobe CC、旧バージョンのダウンロード提供を突如終了。ユーザーには旧バージョン削除促すメール送信
ユーザーからは月額を徴収して、権利使用料を払っていなかった?
https://japanese.engadget.com/2019/05/14/adobe-cc-2/

AdobeがCreative Cloud内のPhotoshop・Premiere等の一部旧バージョンを認定除外、「第三者からの権利侵害を主張される可能性」
https://gigazine.net/news/20190513-adobe-creative-cloud-previous-version/

個人ユーザーはどうするべきか?

ま、解約ですかね。仕事でないなら、使い続けることによる不利益(訴えられるリスク)は実現しないように思えますけれども。係争事由の結論待ちでしょう。和解してくれるか、ソフトウェアから権利問題の機能を分離してくれればなんとかなりそうですが。

こんな勝手なことを、周知せずに企業の一存でやられるのはたいへん迷惑だ、という意思表示で解約してやるべきです。

問題なのは、年契約の場合、途中解約だと残り月分の50%の金額が違約金として請求されるってくだりです。勝手にサービスを事前告知無く変更したくせに、違約金とは片腹痛いですが。消費者庁案件、間違いなしでしょう。

代替ソフトは、写真レタッチ用にはAffinity Photoを使ってみて、それ以外はClip Studio Paint‎かなぁ(EX版にアプグレしてあるし)。テクスチャ作成はPhotoshop一本でやってましたけど、よく使うのはスタンプ機能と色調補正とぼかしフィルタくらいでした。GIFアニメ化機能も便利なので、ブログ用にはよく使ってましたっけ。

Adobe After Effectsはまだ使う段まで行っていなかったので、幸いだったのかな。事由が解決してから、動画制作に必要なら契約することになるのかもしれません。こうなると、blenderで全部やってしまうのがいいように思いますね。

Blackmagic DesignのFusion 16無償版を試して、良かったらFusion 16 Studioを購入するのがいいのかも。

出版業界は一丸となって契約違反だとAdobeを提訴しちゃえばいい。映像業界は他ソフトへさくさく乗り換え。長らく君臨したAdobe帝国も、とうとう沈没の風が吹くということで……。
スポンサーサイト
[ 2019/05/17 21:56 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)

超可動ガール1/6アニメ化と聞いて

“ヲタクの正夢”として愉しませてもらった漫画です。当時、オレとしては珍しいことに、掲載誌を本屋に買いに行くほどでした。コミックスが出た時は、著者ペーパー欲しさに新宿の本屋にまで出向いたり…… 「男爵校長High!」にもノーナが出ていると知って中古を取り寄せたものです。

原作では中盤から日常系を脱し、セカイ系のような妙な展開になって惜しくも終了してしまいました。当時もアニメ化の話があったらしいことが著者ブログで読めましたが、著者自らが強く働きかけなかったために流れたのだとか。

そして今春のアニメ化! いやー待望ですねぇ!!

この作品は設定が親しみやすかったのです。主人公は、ありがちな高校生ではなくて、れっきとした社会人でした。彼は二次元ヲタクではあるんですがスキルが無く、コミケのサークル活動をできそうな輩ではありません。ところが、フィギュアに手を出してしまったがために、その後の人生が一変した上に、文字通り二次嫁までも獲得してしまうのでした。

社会人のヲタク男性と生粋の二次嫁が、絶妙なデレ風味で描かれるところが最大のポイントです。ハズい感じから、薄い本を買う男子の心境まで、「何故に好きな嫁で薄い本なのか?」をも、ベールにくるんで上手く解説してくれますw あと、乳首券も発行されてましたね。お風呂シーンを著者の奥さんが着色してたとかw

少年漫画誌みたいなバトルアクションに邪魔されることもなく、ラッキースケベなネタオンリーで桃色になることもなく、正々堂々とヲタクの核家族を描ききっているところがお見事。これに二次嫁の設定世界も絡ませていて、SFテイストもなかなか巧み!

とにかく、メタに覚醒した二次嫁ノーナのリアクションがひたすらに面白おかしい。なんたって、お菓子食べながらTVを見て怠惰で無反応な主婦になってしまうんですぜ!

二次ヲタクには当然、お気に入り嫁が他にも多数居るわけで、三角関係からくる嫉妬やら、ハーレムへと発展していきそうな経過も見所です。

少し前だとアニメ版の「フレームアームズ・ガール」が近い雰囲気でした。しかし、フレームアームズ~では主人公まで女子であり、フィギュアはバトルをする設定であって、男女間に生じる空気感は描かれるはずもなく……要するに男性が出てこない世界でした。そこが決定的に違うわけです。

楽しみですねー。

アニメのキャラデザインはもう少し頑張ってくれても良さそうな気がしますが、原作の緩い雰囲気は十二分に出てはいますね。

さらに、離れていた間に「超可動ガールズ」という漫画が始まっていました! 冒頭から日常系に回帰していて――そう、オレが読みたかったのはこっちの雰囲気なんです!!
[ 2019/02/19 04:07 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)

気になるヤツ

■GeForce RTX 2080

8月28日Amazon.co.jpで予約開始予定
9月20日発売 勝手に予想すると国内販売価格8万~10万円?

追記:
28日午前3時には予約販売が開始されていた。

ZOTAC GAMING GeForce RTX 2080 AMP Edition
VD6720 ZTRTX2080-8GGDR6AMPの場合、

日本正規代理店品 保証1年付きで税込125,064円(!)
2080Tiではなく、フツーの2080が、である。

ちなみに、Amazon.comでのお値段は……というと:
839.99ドル(税別)である。現時点での為替レートによると約93,314円となる。国内価格は米国の三割増し。

いやはや、驚くね。日本で代理店が付いて販売されると、どうして、こんなに高くなるのかね? 中間マージンぼり過ぎじゃね? こんなに高価な製品なのに、保証たったの一年だよ。莫迦らしくてやってられないね。

■GeForce RTX 2070

10月中発売 予想6万~8万円?

追記:
2080の例に倣うと間違いなく10万円コースだね。これでは購入する気にはなれない。

■レッド・デッド・リデンプションⅡ

2018年10月26日発売(PS4、Xbox One)通常版9,504円
まさにウエストワールドの世界。前作をプレイしてこなかったので、ここいらで体験しておこうかと。

Call of Cthulhu: The Official Video Game

10月31日発売
PS4/Xbox One版 予価不明
steam版予約 1割引で4,752円

馴染み深いTRPGがPCゲームになった!
開発者へのインタビューでは日本語翻訳済とのことだが、国内でのパブリッシャー未発表のためコンソール機だけの対応となるのか不明。steamの販売ページ表記では日本語未対応。

■エースコンバット7 スカイズ・アンノウン

PS4/Xbox One版 2019年1月17日発売
steam版 2019年2月1日発売

PS4版にのみ、PS VR用のミッションが含まれる。

■Cyberpunk2077

発売年未定
Witcherを開発してきたCD PROJEKT REDの次作。こちらもTRPGが原作。
[ 2018/08/26 19:39 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)

Slackのどこがいいのか分からない

勧められたのでやむなく使ってみたが、どうにもアカン。

「通知のタイミング:すべての新規メッセージ」が機能していない。

@channelをつけて「メンション」にしてもらえば通知が来るが、何も付けないと通知が届かない。メアドをgmailにしているから、明示的にホワイトリストに登録するために「連絡先」として登録してみたが改善しない。

オレの体験からすると、「通知のタイミング:すべての新規メッセージ」では通知メールが送信されていない。もちろん、「おやすみモード」なんか使ってないよ!

また、Win10アプリの方は「ログイン情報を記録する」が機能しない。

一旦サインアウトしてしまうと、毎回、参加するワークスペース、メアド、パスワードの入力を求めてくる。この手の問題は、Win10の「プライバシー設定」で該当アプリをONにしていないために起きると認識しているが、Slackアプリをインストールした時点で自動的にONになっている。

さらに、OS起動時の「スタートアップ」なアプリになってしまうが、Win10のアプリ>詳細情報で「スタートアップ」を無効化することができない(グレーアウトしている)。タスクマネージャー上から無効化しておけば、同じことではあるが。

オンライン前提(ログインしっぱなし)の仕様なのかもな。必要な時だけログインするような使い方だと、不都合ばかり。

ここが一番重要。うちらの集団には:

・BOT作る人 → いない!
・緩いチャットをしたがる人 → いない!
・日、時、分刻みで他者が何をしていたか知る必要 → ない!

Slackとか導入する意義が限りなくない連中ぢゃん!

インターフェースも使い勝手がいいのか、コレ。Slackを窓から投げ捨ててーな。オレというかこの集団には不用だわ。

Twistの方が向いていると思う。けど、Twistは無料プランだと一ヶ月分しか遺らない。さすが、カネ取る方がよくできてる。
[ 2018/08/05 17:33 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)

ストロベリーの人気に嫉妬?

恋愛できるBOTの一人、ハイチュウストロベリーさんのアカウントが凍結。





アップルさんとグレープさんは依然としてせっせっとリプライのBOT活動に勤しんでいる(午前11時30分現在)。
[ 2012/04/01 11:30 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
カテゴリ
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
全記事表示リンク