カ ス タ マ イ ズ で 遊 ぶ +

洋ゲーRPGや非電源ゲームを扱っていましたが、最近はblenderでモデリングです!

豆まき升

特製豆まき升(鼻アクセ)を公開しました。実は去年作ったものです。
>>ダウンロード<<

sample.gif
※モーションはマンスリーDLC付属のものです。
スポンサーサイト
[ 2019/01/24 21:07 ] 美少女ゲーム カスタムメイド3D2 | TB(-) | CM(0)

異世界生活編

和ゲーでは苦手なタイプもあるものの、キャラ萌えだけは大好きなオレ。VRでこの方向の作品が出たら、それだけで試してしまう。

今回、エスコンVRのついでに試したのがこちら:
「Fate/Grand Order VR feat.マシュ・キリエライト」、「VRでエミリアと異世界生活」

ごめん、どちらの作品も原作見てません。マシュって誰? エミリアって誰? な状態。

「VRでレムと異世界生活」もあって、レムだけは知ってた(有名だから)。でもスクショを見た感じ、レムは片目隠れちゃうし、モデルの作り(絵柄)が好みじゃないかもなぁ~と感じたのでエミリアをセレクト。

体験した結果――セーバーが横に座るのって割といいな、と思った。顔を見合わすようなシチュエーションができるので、(スクリプトのくせに)とてもインタラクティブ! ※ただ、アルトリアはマシュと違って無感動な性格表現。

アルトリアがベッドの上で四つん這いに屈んだとき、スカートの中見えちゃいそう! と思った。覗くのは難しいけど。

マシュは四肢の長さ(プロポーション)がアルトリアとは違う。お着替えでついたての向こうがどうなってるのか、移動したくなる。実際にポリゴン・キャラクターに脱がせる演出をするのはめちゃくちゃ大変だと思うので、テクニック的にどうやって誤魔化しているのか、それも知りたい(けど、“範囲外”で見られない)。

ポリゴン・キャラクターの顔をまじまじと見るのって、別に照れないな。研究心から、瞳・白目表現どうしてんのかな?とか鼻の高さ表現してる?とか、横顔(頬の位置)は?なんて見てしまうから。

エミリアは……残念ながらインタラクティブ要素はない。一方的に喋ってマバタキするだけだった。目閉じまでの遷移はなまめかしくてよくできてるけれど、表情がまゆ毛しか無い。アイドル時の呼吸による小刻みもナシ。マネキンそのもの。動かない!(代わりに添い寝、膝枕シチュエーションの他、4種だったっけ? ポーズが用意されている)

微動だにしないが、こちらを信頼して何か喋ってる子がすぐ隣にいるという状況を10分ぐらい経験すると、なんかこの子好きになっちゃいそう、と感じた。これがVRの魔法ですわ。窓から夜空を仰ぐエミリア――何か心に去来するものがあるのかな?

エミリアは横顔が(おそらく設定画準拠で)しっかり作ってあって、鼻がとても高く、おちょぼ口の位置は低い。マツゲは立体的で、笑いマブタと閉じマブタの二通りがあった。目は緩く球状(丘状)に盛り上がってる。

スカートの中は簡単に覗けるけど、薄紫の影を文字通り“穿いて”いるため、パンツは見えない。新しい隠し方! ポリゴンを貫通するように視点を移動させると、中身は確認できる。パンツもテクスチャもないけど。

エミリア、もっと動いてくれればねぇ。なので、Fate/Grand Order VRの方が完成度が断然高い。しかも無料。この無料提供ってのは、S0NYさん(ないしはスポンサー)からかなりの額の開発費出てるんだろうなぁ。協業状態による取引があったんだろうねぇ。作る代わりに便宜って感じの。だとすると、自費開発の小さいところじゃ当然、太刀打ちできるクオリティのものは作れマセン!
[ 2019/01/22 02:01 ] 美少女ゲーム | TB(-) | CM(0)

Let's Get Nepucated

steamの『神次次元ゲイム ネプテューヌRe;Birth3 V CENTURY』に、ねぷにけ~しょんDLCがリリースされましたよ!? 

すげー忘れた頃にw セール中なので、デラックスパック265円と一緒に買いました。148円でした。

さっそくプレイしてみると、時節柄クリスマスとお正月の話題が登場します。もしかすると日付連動で、ほぼ月一でイベントが割り振られているのかな? 2月だとバレンタインデーとか?

Live2Dのネプ子さんも悪くはないのですが、カスタムメイドのカメラを追ってくれる視線を体験していると少しばかり物足りないですねぇ。ネプ子さん、あんまり動かないし。Live2Dがなにげに凄いところってリップシンクだと思います! 

余談ながら、今、Live2Dの公式ページを見たら……2次マとかいうもので囲い込みを図っている?! つい3年前には同人に使われるのさえ、ライセンスを渋っていたくせに、この変わりよう! VTuberに乗っかった商魂は逞しいねぇ。

ノワケーションとかベールケーションも体験してみたかった。それが、新次元ゲイム ネプテューヌVIIRのVRってことなんでしょうな。PS4で既に体験済みですが(残念ながら、ポリゴンの出来が今ひとつでした)。

ずっとこのままで居てほしいんですが……
nepucated1.jpg

いつものネプ子さんに戻ってしまった……
nepucated2.jpg
[ 2018/12/31 11:15 ] 美少女ゲーム | TB(-) | CM(0)

フルスクラッチで顔MOD(20)

CM3D2用の寧々さんセミロングをやっつけで直しました。
バカンスに行ったときに気になってしまったので。

nene_from_scratch34.jpg
水面:Shader Change、衣装替え:夜伽ユーティリティー
[ 2018/12/31 05:00 ] 美少女ゲーム カスタムメイド3D2 | TB(-) | CM(0)

フルスクラッチで顔MOD(19)

揺れボーンのウェイトペイント

後ろ髪の親ボーンはHair_Rという名称で、これはblender的には右側扱いになってしまう。ウェイトペイントでは、ここをまずリネームすることから始まる。_R/_Lを末尾単独で使用すると右/左の意味になるので避ける。例えばHair_R00にしてしまえば問題ない。

ボーンのリネームは、(右上)アウトライナーからArmatureを選んで(下端)ポーズモードにし、3DビューでボーンHair_Rを選んでから、(右中段)プロパティのボーン(骨アイコン)の欄にてリネームする。Export前に忘れずに元通りにすること。

ウェイトペイント時には(左側)ツールシェルフのオプションタブでXミラーにチェックを入れておく。

最初のウェイト付け

「親>自動のウェイトで」によって、揺れボーンに応じたウェイトがメッシュに付くものの、そのままではカツラがズレたような動きになってしまう。

親ボーンHair_Rの割り当てを大きく取り直す必要がある。編集モードで割り当てるべき頂点を残らず網羅してから、ウェイトペイントモードに入り、頂点グループからHair_Rを選択。続いて、(下端)Vertex selection masking for paintingをONにし、どこか赤い頂点(ウェイト1.0)を選択した上で、(画面中央から右寄り)プロパティシェルフ>▼頂点ウェイト>[コピー]ボタン を押す。こうすれば、選択中の頂点が全てHair_Rに対してウェイト1.0になる。

選択範囲は解除せずにそのままで、念のため、揺れボーン(例えば、_yure_hair_05a)を頂点グループから選択して、先ほどの選択範囲がウェイト0になっているか、確認する。反対側(例えば、yure_hair_07a)も確認する。

もし紺色のウェイトが付いているようなら、どこかウェイトがゼロの頂点を追加選択した上で先ほどの[コピー]ボタンを押す。つまり、Hair_R以外の頂点グループに対してはウェイト0を強制的に設定しておく。

境目は、ウェイトブラシのブレンド「ぼかし」でならす。

ゲーム画面で確認

メイド管理>エディット画面で、件の後ろ髪の一部が歪むなどしているならば、揺れボーンを跨いで不要なウェイトの割り当てが生じている可能性が高い。

余計なウェイトが他のボーンにまで割り当てられているが為に、綺麗に追従した動きにならないのだ。不要なウェイトが設定されている頂点グループが判明したら、先のHair_Rの時と内容的には同じことを繰り返せばよい。
[ 2018/12/31 04:52 ] 美少女ゲーム カスタムメイド3D2 | TB(-) | CM(0)
カテゴリ
カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
月別アーカイブ
全記事表示リンク