カ ス タ マ イ ズ で 遊 ぶ +

洋ゲーRPGや非電源ゲームを扱っていましたが、最近はblenderでモデリングです!

ソシャゲ

ガチャだよね、諸悪の根源は。

いま、PC版Yakuza 0(龍が如く0 誓いの場所)をプレイしているんですが、ゲーム内でいろいろなギャンブルを遊ぶことが出来ます。洋の東西を問わず、チンチロリンからブラックジャックまで幅広く。

思うのは、ソシャゲは胴元が勝手ルールで運営しているギャンブルだなぁということ。

Yakuza 0で例えるなら、西公園のホームレスが提供している博打に突然、「うちのチンチロリンはサイコロ4個だから」なんてのが出現するようなもの。

そしてガチャは、優位性を煽った、くじ運によるただの「コレクション要素」。

上の例を続けるなら、「今ならピンゾロが出やすくなる御守りを売ってるよ、くじ引きで。ハズレは100枚貯めるとくじ引き1回無料だよ」てな感じ。

「二週間後にはアラシが出やすくなる御守りに変わるよ。しかも当たりくじは今より増えるからね!」

「御守りを個室ビデオ店に持っていけば、無料でイメージビデオが拝めちゃうんだ! 御守りの種類によって女優さんが違うんだよ!」

こんなホームレスが西公園に居たら、さぞかし盛況だろうね。

ポイントは:

+ チンチロリンの茶碗が小さいこと(ションベンしやすい)
+ 御守りの効能は役が完成する確率の上昇だが、具体的な確率が不明であること
+ くじ引きのはずれは常に一定量であって減らないこと
+ 当たりくじの枚数は不明であること
+ 胴元がズルしているかどうかは絶対に見破りようがないこと
スポンサーサイト
[ 2019/02/18 09:35 ] 考察 | TB(-) | CM(0)

バイオRE:2

実況配信見てたら、ちょっと面白く感じてしまったのが運の尽き――発売日に購入してしまった。デモをプレイしたときはセールの時でいいかな、くらいだったのに!

そういえば、キャリバーVIも今回と同じコースで買っちまった。直後に、オレながら「しまった!」とは思ったものの、2BのDLCがエッチくて楽しかったからいいや。

DEADSPACE大好きなんで、バイオがルックを改善して売りに来たなら望むところ。しかし、カプコンに共通する「突き放し」感にイマイチ馴染めないことが多い。洋ゲー厨なのにw 

カプコンの洋ゲーらしさはなぜか受け付けない。エモ過ぎるエスコンからすれば、対局であるにもかかわらず。

バイオRE:2はプレイしやすくて、エリアでの取りこぼしが生じない親切設計。Call of Cthulhuオフィシャル・ビデオゲームもこんなエクスペリエンスを指向していたらダンゼン違ったのにねぇ。

クレア表、レオン裏をEASYでプレイし終わり、レオン表をSTANDARDでプレイしているところ……飽きた。DEADSPACEも同じロケーションを延々彷徨うような感じに近くなるが、主人公スーツの強化が出来たりして、俺強ー感の維持に貢献している。

バイオRE:2はマンネリ感の割りにプレイヤースキル(主に要領の良さ)の比重が高くて、長くやってると疲れてくる。特にタイムアタック推奨の作りがほとほと嫌らしい。

ここではあーやって、あっちではこーやって、のような順路記憶と要領を叩き込まないとならず、意外とスコアにして残すことが難しい。

ラボの辺りは3回目ともなるとまるで変化が無くて退屈。そのくせボス戦では弾切れでステージに設置されている弾薬に頼らざるを得ない。

セーブなしでクリア/セーフボックス開けずにクリア/マップ開かずにクリア、どれも出来そうだからと3周目で同時挑戦していたが……やっぱり面倒くさくなってリタイアした。縛りプレイは俺はもう無理みたい。面倒くさく感じるのと費やす時間がアホらしく感じてダメ。風邪気味で他にやることがなくて丁度プレイしていたけれど、快方に向かった時点でもうプレイしたくなくなった。
[ 2019/02/09 01:06 ] ■アクション | TB(-) | CM(0)

豆まき升

特製豆まき升(鼻アクセ)を公開しました。実は去年作ったものです。
>>ダウンロード<<

sample.gif
※モーションはマンスリーDLC付属のものです。
[ 2019/01/24 21:07 ] 美少女ゲーム カスタムメイド3D2 | TB(-) | CM(0)

ACE COMBAT 7: SKIES UNKNOWN(3)

雑な指南w

ミッション12 ストーンヘンジ防衛

+ 地上部隊メンフィル5、6、7が順繰りに無線で、やれ航空支援が、やられそうだ、まだ気付いてない、等と発信するので、順番に面倒を見てやる(相対する敵地上部隊の半数くらいを破壊する)。地上部隊のどれがどれなのかを読まないとマズイ。

+ 爆撃機は、無線で指示されても急行しなくていい。近づいてきてから処理すれば間に合う。護衛機は無視していい。爆撃機の数が多い時は試してみてから、(無理だったなら)間に合うように時間調節してみるといいかも。

+ この時点では爆撃機よりも地上部隊メンフィルを優先して保護しておかないとゲームオーバーに繋がる。「○○○○少佐からの連絡が途絶えた」は、これが原因。

+ 爆装ヘリ(またはロケットの地上部隊だっけ?)の辺りでミサイルを撃ち尽くす場合がある。それでも頑張って復活する標準ミサイルを待ちながら機銃で全部処理する。向いた機体さえ保有していればミサイルも余るしもっと楽になるのだが。

+ このあとのUAVは適当に相手していればなんとかなったように思う。むしろ自分が撃ち落とされないこと。

+ アーセナルバードが登場し、残弾がキツイなら、TGTが指示されるのを待って撃墜されてもいい。チェックポイントからのリトライをしてしまえば、復活したミサイル全弾をもってTGTのプロペラ2つだけ即処理して逃げ回ることができる。(クリアが目的なら)UAVは無視していい。
[ 2019/01/23 02:20 ] シミュレータ | TB(-) | CM(0)

異世界生活編

和ゲーでは苦手なタイプもあるものの、キャラ萌えだけは大好きなオレ。VRでこの方向の作品が出たら、それだけで試してしまう。

今回、エスコンVRのついでに試したのがこちら:
「Fate/Grand Order VR feat.マシュ・キリエライト」、「VRでエミリアと異世界生活」

ごめん、どちらの作品も原作見てません。マシュって誰? エミリアって誰? な状態。

「VRでレムと異世界生活」もあって、レムだけは知ってた(有名だから)。でもスクショを見た感じ、レムは片目隠れちゃうし、モデルの作り(絵柄)が好みじゃないかもなぁ~と感じたのでエミリアをセレクト。

体験した結果――セーバーが横に座るのって割といいな、と思った。顔を見合わすようなシチュエーションができるので、(スクリプトのくせに)とてもインタラクティブ! ※ただ、アルトリアはマシュと違って無感動な性格表現。

アルトリアがベッドの上で四つん這いに屈んだとき、スカートの中見えちゃいそう! と思った。覗くのは難しいけど。

マシュは四肢の長さ(プロポーション)がアルトリアとは違う。お着替えでついたての向こうがどうなってるのか、移動したくなる。実際にポリゴン・キャラクターに脱がせる演出をするのはめちゃくちゃ大変だと思うので、テクニック的にどうやって誤魔化しているのか、それも知りたい(けど、“範囲外”で見られない)。

ポリゴン・キャラクターの顔をまじまじと見るのって、別に照れないな。研究心から、瞳・白目表現どうしてんのかな?とか鼻の高さ表現してる?とか、横顔(頬の位置)は?なんて見てしまうから。

エミリアは……残念ながらインタラクティブ要素はない。一方的に喋ってマバタキするだけだった。目閉じまでの遷移はなまめかしくてよくできてるけれど、表情がまゆ毛しか無い。アイドル時の呼吸による小刻みもナシ。マネキンそのもの。動かない!(代わりに添い寝、膝枕シチュエーションの他、4種だったっけ? ポーズが用意されている)

微動だにしないが、こちらを信頼して何か喋ってる子がすぐ隣にいるという状況を10分ぐらい経験すると、なんかこの子好きになっちゃいそう、と感じた。これがVRの魔法ですわ。窓から夜空を仰ぐエミリア――何か心に去来するものがあるのかな?

エミリアは横顔が(おそらく設定画準拠で)しっかり作ってあって、鼻がとても高く、おちょぼ口の位置は低い。マツゲは立体的で、笑いマブタと閉じマブタの二通りがあった。目は緩く球状(丘状)に盛り上がってる。

スカートの中は簡単に覗けるけど、薄紫の影を文字通り“穿いて”いるため、パンツは見えない。新しい隠し方! ポリゴンを貫通するように視点を移動させると、中身は確認できる。パンツもテクスチャもないけど。

エミリア、もっと動いてくれればねぇ。なので、Fate/Grand Order VRの方が完成度が断然高い。しかも無料。この無料提供ってのは、S0NYさん(ないしはスポンサー)からかなりの額の開発費出てるんだろうなぁ。協業状態による取引があったんだろうねぇ。作る代わりに便宜って感じの。だとすると、自費開発の小さいところじゃ当然、太刀打ちできるクオリティのものは作れマセン!
[ 2019/01/22 02:01 ] 美少女ゲーム | TB(-) | CM(0)
カテゴリ
カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
月別アーカイブ
全記事表示リンク